ここから本文です

お正月に食べたい料理、「お雑煮」。でも、皆さんが食べている「お雑煮」と、他の人が食べている「お雑煮」はまったく違うものかもしれません。味付け、具材、お餅の形まで、地方によってさまざまな種類があるご当地雑煮。そのなかから、ちょっと変わったお雑煮を紹介いたします。

サムネイル

■「新潟」は豪華なイクラ入り
サケの産地である新潟では、お雑煮にもサケやイクラを入れるのだとか。お正月気分を盛り上げる豪華なお雑煮ですね。

■「京都」は真っ白で上品
京都のお雑煮は、甘みのある西京みその汁に、丸餅、さといも、ダイコンなどの白い具材が入ったお雑煮。争いごとがなく丸く収まるようにと、具材は丸くカットするそうです。

■「奈良」は甘いきな粉をトッピング
奈良ではみそ仕立てのしょっぱいお雑煮の餅に、甘いきな粉をつけて食べるのだとか。黄色いきな粉には「豊作になるように」という願いが込められているそうです。

■「島根」のお雑煮はぜんざい?
島根の出雲市平田地区でお雑煮といえば、塩味のすまし汁に丸餅と煮あずきを入れ、砂糖をトッピングした「あずき雑煮」なんだとか。現代では甘いぜんざいを食べる家庭も多いそうです。

■海沿いの「島根」ならではの具材
同じ島根の出雲市平田地区でも、十六島(うっぷるい)湾の近辺には「のり雑煮」が伝わっているそうです。煮干やこんぶ、かつお節でだしをとり、具材は岩のりやスルメなどで磯の香り。海辺の街ならではのお雑煮ですね。

■「徳島」はお餅なしのお雑煮
徳島では、サトイモの親芋で縁起物とされるカシライモと、お豆腐が主な具材。その他にはダイコン、にんじん、小松菜、ブリなどが入るそうです。そう、なんとお餅が入らないお雑煮なのです。その昔、安徳天皇をサトイモと大豆でもてなしたことが由来なんだとか。

■「香川」のお雑煮には驚きのお餅が
香川のお雑煮にはちょっと変わったお餅が入ります。白みそ仕立ての汁に、ダイコン、にんじん、干しえびなどの具材とともに、あんこ入りのお餅がイン! 砂糖が貴重だった時代の"最高のぜいたく"という思いが込められているそうです。


お餅ひとつとっても、地方によって形はバラバラです。皆さんの出身地ではどんなお雑煮を食べますか? 周囲の人とお雑煮トークをしてみると面白いかもしれません。

(田中結/プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ