ここから本文です

ときどき、恋人同士の間で交わされるふとした言葉。あなたは、「さみしい」と恋人から言われたらうれしいですか?

「私のこと好きなんだな、と感じてうれしい!」(24歳/女性)
「甘えられているようでかわいい」(27歳/男性)など、
うれしい派の意見から、
「忙しい自分を責められている気分になるから嫌」(28歳/男性)
「暗いトーンで言われると、自分に依存されているようで重い」(32歳/男性)など、
うれしくない派の意見も。

「さみしい」ってなんてことのない言葉のようですが、その言葉のウラには何かの要求や、とあるサインが隠されていることもあるようです。「さみしい」のウラに隠された真意を、男女に調査してみました。

サムネイル

■もっと愛されたい

「彼が、私と会うよりも友だちとの飲み会を優先しているときなどに使います」(24歳/女性)
「私が『さみしい』と言うときは『メールをちゃんと返してよ!』の意」(25歳/女性)
「『さみしい』の意味は『もっと会いたい、もっと愛されたい』です」(25歳/男性)

愛は図れないとはいえ、たくさんの時間を一緒に過ごしたり、コミュニケーションをとったりすることで愛情を確かめ合うカップルも多いはず。そんな時間が不足していることで、「さみしい」という言葉が出てくるのかも。

■ひと肌恋しい

「寒い季節に『さみしいなぁ』とつぶやいちゃうのは、ひと肌恋しいときです」(29歳/男性)
「彼氏に抱いてもらいたいときに使っちゃいます。ロコツに自分から誘えないので、甘えた感じで『なんか、さみしくなっちゃったぁ』て言ってすり寄ります」(27歳/女性)

今年も本格的にひと肌が恋しくなる時期が到来するので、この言葉もたくさん使われるかも。それにしても、かわいいベッドへの誘い方をする女子もいるものですね。

■断末魔の叫び?

「元カノと付き合っていたとき。忙しくて連絡もあまりできず、最後の数か月間『寂しい』と何回も言われた。オレ愛されてるなぁ、と悦に入っていたら、最後は『私のことをもっと思ってくれる人が現れたから、彼と付き合うことにした』とほかの男のところに行かれてしまった」(31歳/男性)
「彼と全然会えないし苦しくて、別れた方が良いのかな? と思って悩んでいたときに、泣きながら『さみしい』とよく言っていた。結局さみしさは満たされず別れを選びました」(26歳/女性)

「さみしい」は、ときに「最後のSOS」を意味することもあるようです。まさに断末魔の叫び。さみしさを満たしてくれない相手ならば別れを......そんな決断をして、口にしている人もいるのかも。女はさみしさに弱い生き物。だから連絡などがマメな男がモテるのでしょうね。

「さみしい」に込められた思いはさまざま。あなたは自分の恋人の「さみしい」の真意、本当にわかっていますか? さみしがる恋人は何を求めているのかを見極めて、的確に行動ができれば良いのですが。見誤って悲しい結末にならないよう、祈っております!

(桜まゆみ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ