ここから本文です

たくさんの女性と付き合ってきた男性でも、過去にひとりは「忘れられない女」がいたりするもの。どんな女性が、男性の心にいつまでも残り続ける「忘れられない女」になるのでしょうか? ふだんは秘めている、男性の心の声を聞いてきました。

サムネイル

■手がかかった女
「良くも悪くも、手がかかった女。喜怒哀楽が激しくて、大きいけんかも多く大変だったけれど、すごく愛し合っていた。ごく普通の『良い子』な元カノよりも忘れられない存在になっています」(31歳)

自分の思い通りにならない相手ってなんだかひかれるし、印象に残るのかも。

■尽くした女
「彼女が喜ぶ顔を見たいがために、時間もお金も労力も、僕の持てるいろんなものをつぎ込んだ元カノ。彼女のためなら、たいていのことは耐えられた。あそこまで僕が尽くすのは、多分最初で最後です」(29歳)

好きな女性に「与えること」で喜びを感じる男性は多いのかもしれません。

■懐が深い女
「俺のわがままや情けない部分を受け入れて、いつも笑顔でいてくれた元カノ。8年間の付き合いの中で浮気もウソもバレたのに、愛し続けてくれました。甘えていた俺は、彼女を失うまで素晴らしさに気づかず。あんなに懐の深い女には二度と出会えないと思う」(35歳)

失ってから気づく......切ないですね。彼女、幸せになっていると良いですね。

■ベッドの中で最高だった女
「スタイルが良くて、体の相性も最高だった元カノ。会えばすぐに抱きたくなって、お互いに何度も何度も貪欲に求めあった日々はいい思い出。彼女に大人の男にしてもらった気がします」(34歳)

ここまで言い切れる相手に出会える人って、すごくラッキーだと思います。

■一生の思い出を作った女
「僕の誕生日に、小学校時代からの僕の友人を50人ぐらい集めてサプライズパーティーをしてくれた元カノ。別れてからも、毎年誕生日近くになると必ず思い出すし、これからもずっと忘れられないと思います」(29歳)

イベントとともに、記憶を植え付けてしまうのも「忘れられない女」になる方法!


このほか、少々変わった意見としては「けんかするとグーで殴ってくる女」(31歳)、「別れた後にストーカー化した元カノ」(32歳)、「一度も体に触れさせてくれなかった元カノ」(27歳)、「家事を全くしない女」(37歳)など、強烈なインパクトゆえに「忘れられない」と言われてしまう女たちもいました。

いやはや、良い意味で記憶に残る「忘れられない女」を目指したいものですね。

(桜まゆみ+プレスラボ)

【関連記事】
恋の形勢逆転を狙うならこれ! 男性を一発でほれさせた言葉
捨てる? 返す? 売り払う? 元カレの思い出の品の行く末
恋心が一発で冷めた! 男が苦手な女性ファッション
知らないうちにひんしゅくを買ってる!? 男性が女性にイラッとする瞬間
結婚する女性を顔か性格、どちらで選ぶ? 男性が徹底討論


【関連リンク】
彼女が浮気? ありえない言い訳(00:00:57)>>
ノリで結婚した21歳美女登場(00:05:04)>>

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

カテゴリ

月別アーカイブ

本文はここまでです このページの先頭へ