ここから本文です

新年といえば1年の抱負を考えるいい機会ですが、その中に「貯金」を挙げている方は多いのでは。実際に若い女性たちはいったいどんな方法で貯金しているのか、OLのリアルな貯金術をご紹介します。これで年間100万円も夢じゃない!?

サムネイル

■お給料はもらった時点で貯金
貯金経験者の女子たちのほとんどが実践しているのが、「先取り貯金」。毎月のお給料日に貯金をするという方法です。

「給料日に銀行に通うのを習慣にしています。貯金に回す金額は5万円から10万円。給与口座と一緒にせず、先取り貯金用の口座を作るのがベスト!」

その月にあまった分だけ貯金しようとすると、浪費してしまうばかりか、貯金額も一定にならずなかなかたまらないという落とし穴が。これならズボラさんもできそう。

■まずは食費から見直しを
住居費や光熱費を抑えるとなると、毎日の努力が必要な割になかなか成果が見えづらいもの。その点、食費は少しの我慢で大きく変化がわかります。

「1週間に使う金額を2000円~3000円と決めて、1度の買い物で済ませる」

本気で貯金したいなら、外食よりも自炊が基本なのは言うまでもありませんが、スーパーへの買い出し金額を決めておくことも重要。食費とお小遣い分の財布は分けるのもひとつの手ですね。

■できることからコツコツ節約
貯金を始める前には、まず身の回りの出費をチェック! 買い物の仕方からモノの使い方、ムダな部分はありませんか?

「貯金を始めてからリサイクルにハマりました。例えば、はき古したストッキングは掃除の時に手にはめてさっと拭くだけで、静電気がホコリをとってくれます」

そのほか「クレジットカードを持ち歩かず現金を使う」や、「ポイントカードを活用」など、地道なことならすぐにでも取り入れられそうですね。

■たまにはケチも必要
お金を使わない生活ができるようになるには、「ちょっとケチかも?」と思うくらいがちょうどいいことも。上手にケチって、貯金アップにつなげましょう。

「休みの日に友人と遊ぶのを控えています。誰かと一緒だと、つられて余計な買い物や食事をしがちなので...」

毎回でなくても会う回数を減らしたりするだけでずいぶん節約になります。余分なお金を使わないよう、財布の中身を少なめに持ち歩くのも◎。

■お金をかけずにデートを楽しむ!
お金をかけずにデートしたいけど、おうちデートは味気ない......。そんなときは公共の場所や無料で楽しめる施設などに出かけてみてはいかがでしょうか。

「ちょっと前まで百貨店の屋上めぐりをしていました。映画は必ずレイトショー、無料の駐車場に車を止めて、その中でひたすらDSしたりしていたこともあります(笑)」

「それぞれ自転車に乗って2駅先の図書館まで行って、図書館でも別々に読書。また自転車で帰ってきます。友だちから不思議がられるけど、気を遣わない彼氏としかできないゼロ円デート。楽しいですよ(笑)」

彼と一緒にいろいろなデートプランを考えてみるのも楽しそう。

貯金はいきなりできるものではなく、小さな心がけの積み重ねによって為せること。そのため、あまり張り切りすぎるのもあとが続かなくなってしまいます。まずは自分の生活スタイルにあった節約方法、貯金方法を見つけてみてください。

(板橋不死子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ