ここから本文です

平均年齢19.6歳というイギリスの若き人気ボーイズグループ「ワン・ダイレクション」(通称1D)が17日に初来日しました。"ビートルズの再来か?"ともうわさされる彼らについて、現場レポを含めてご紹介いたします。

サムネイル

左からゼイン・マリク、ルイ・トムリンソン、リアム・ペイン、ナイル・ホーラン、ハリー・スタイルズ


1Dはイギリスの人気オーディション番組『Xファクター2010』からデビュー。オーディションにソロとしてエントリーしていたナイル、ゼイン、リアム、ハリー、ルイの5人がグループを結成し、メジャー契約を獲得しました。

2011年9月に発売されたデビューアルバム『アップ・オール・ナイト』は世界17ヵ国で首位を獲得し、「UKグループ史上初のデビュー作で全米初登場1位」というギネス記録を樹立しました。セカンドアルバムでは世界37ヵ国で1位を獲得。全世界トータルセールスは1200万枚で、昨年はロンドン五輪閉会式への出演などでも注目を集めました。

日本でも2012年10月に『めざましどようび』(フジテレビ)のテーマソングに選ばれるなど、女性を中心に注目度はアップ中です。今回の初来日となる17日朝、成田空港第2ターミナルでファン500人が出迎えるなか、ザ・ビートルズの初来日をほうふつとさせるハッピ姿で登場しました。

サムネイル

サムネイル

18日には都内で記者会見を開き、多くの報道陣を前にニューアルバム『TAKE ME HOME』をPRしました。女優の堀北真希さんが晴れ着姿で花束を贈呈すると、「ベリーキュート」とご機嫌の様子。日本女性のイメージを聞かれると「日本そのものが美しいね。ファッションもベリーグッド!」とすっかり日本が気に入ったようでした。

サムネイル

さらに、記者会見では11月2日、3日に千葉・幕張メッセで初の日本公演を行うことを発表。ハリーは「すごく楽しみ。どでかいショーにするから楽しみにして」とすでに気合充分。

その翌日、19日に都内で行われたファンイベント『Team 1D Japan Party:THE 1Derland』には、約2万通以上の応募があり、抽選で選ばれた約2000人の熱狂的ファンを前に、日本初ライブを盛り上げました。

今回の来日の模様は、彼らのライブやプライベートに密着した3D映画(2013年8月30日アメリカで公開予定)にもおさめられる予定です。今後、さらに日本での人気も急上昇しそうな1D。まだ聴いたことがない方は、YouTubeの公式チャンネル(累計11億再生超)でMVを視聴してみてはいかがでしょうか。

One Direction 公式サイト

(佐伯望+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ