ここから本文です

「好き」とまでは行かなくとも、男性が女性を「ちょっといいな」「アリかも」と思うと、その女性の一挙手一投足が気になるもの。そんなときに、女性のある行動で一気に「恋愛圏外」になってしまうこともあります。せっかくの好意を台無しにしてしまうNG行動とは何なのか、男性たちに聞いてみました。

サムネイル

■メールの返信が早すぎる

「2回食事に行ったら、相手が自分を気に入ってくれたのか、メールのやり取りが頻繁になってきた。でも、返信が常に5分以内と早く、しかもどんどん長文になるため、付き合ったらめんどくさそうだと思い、ふいに気持ちが冷めてしまった」

メールで「この女、重い」と思われてしまったパターンですね。筆者(男性)もとにかく無精な性格なので、こまめなケアが必要な交際は避けたくなってしまいます。

■最初のファッションと変わってしまった

「知り合って3回目、相手のことが少しずつ分かってきたというところで、女の子がラフなファッションでやってきた。今までは他の子にはない個性的なファッションだったのに......。ガッカリすると同時にアプローチをやめてしまった」

これはなかなか厳しい意見! 素朴な服装じゃいけないのでしょうか。男性は得てして、女性に自分の理想を押し付けがちですからね。がんばりすぎると後がつらくなるということでしょうか。

■男性の店員さんにフレンドリーすぎる

「合コンで会った女性とご飯に行った。合コンからデートにつながった女性は初めてだったので、こちらもその女性に好印象を抱いた。でも訪れたお店で、料理が来るたびに男の店員さんに話しかけるのを見て、『ただの男好きなのかな?』と思い、引いてしまった。結局それ以降は連絡を取っていない」

店員さんに話しかけるのは、愛想がよくて好印象に思えるのですが、男性によってはマイナス評価になることも。でもたしかに、男性が女性店員に何度も話しかけていたら、ヨコシマな目で見てしまいますもんね。

■モテなさすぎる

「気になっていた女性と話すうちに、彼女はまったく男の気配がしないことが分かってきた。最初のイメージではモテそうだと思っていたけれど、まったくモテないと分かると、追いかけるのがばかばかしくなってきて会わなくなった」

これはちょっとひどいですね! 他人の評価よりも己の感情を大切にしてもらいたいものです。「モテる子を落としたい」という男のプライドも分からなくはないですが。


男性の筆者が言うのも何ですが、男性はある意味女性よりデリケートなもの。ささいなことで女性に対する評価が一気に変わってしまうこともあります。しかし、それを恐れるあまりに、自分を押し殺しても幸せな恋愛は見えてきません。むしろ最初から堂々と「普段の自分」でいることが大切かもしれませんね。
(有井太郎+プレスラボ)


Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ