ここから本文です

不況で昇給も期待薄だし、ボーナスはカット、リストラも他人ごとではないこのご時世。なんとか上司に気に入られて、出世コースに滑り込みたい! そこで、どのような人物が気に入られるのか、部下を持つビジネスパーソンに聞いてみました。

サムネイル

■あいさつが元気よくできる人
「元気にあいさつができる人は、多少仕事ができなくても一生懸命さが伝わってきて、育ててあげたいと思う」(37歳/女性/メーカー)

あいさつは基本ですね。とくに新人の場合は、元気なあいさつを心がけることによって、仕事への意欲を見せることができ、相手も好印象を持ってくれるようです。

■言い訳をしない人
「部下が仕事でミスをしたので、アドバイスをしたところ『でも......』と言い訳が始まりました。上司の意見や注意を素直に受け入れられる部下がほしい」(42歳/男性/営業)

たしかに素直な人って好感が持てますよね。上司にアドバイスをもらったら、まずは聞き入れ実行に移してみるのが吉です。

■自信を持って仕事する人
「悪いことをした訳でもないのに、『すみません』を連発する人は、自分の仕事に自信がないんだなって思います。そういう人には仕事を任せづらい。自信を持って仕事してほしい」(34歳/女性/出版)

「すみません」が口癖の人は、「ありがとうございます」に変えると印象がグンっと上がります。自信を持って仕事に励むことによって、仕事自体も楽しくなりそうですね。

■先輩・上司を頼る人
「『この件、相談に乗ってもらいたいんですけど』って言われると、先輩として頼られている気がしてうれしいし、かわいいなと思う」(39歳/男性/情報技術)

社会人の基本、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)ですね。人間たるもの、困っている人に手を差し伸べたいという本能が働くのでしょうか。

■ポジティブシンキングに人
「ミスをしてもいつまでも落ち込まないで、前向きにガンガン仕事をしてほしい」(32歳/女性/販売)

仕事でミスをしてしまうと落ち込んでしまうもの。しかしそこは、反省をしつつもポジティブに意欲をアピールするほうが良さそうですね。

ビジネスシーンでは、素直でポジティブな人間が求められているようです。上司に気に入られれば、おのずと出世コースに乗れるはず......! 仕事にも励みつつ、気に入られる努力も励んでみてはいかがでしょうか。

(船橋麻貴+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ