ここから本文です

大人になって振り返ってみても、やっぱり思い出深い「初恋」。あなたは初恋の人と時を経て、再会したことはありますか?「普通のおじさんになっていてがっかり!」なんていう話をよく聞きますが、実際のところはどうなんでしょうか。初恋の人に再会したエピソードについて聞いてみました。

サムネイル

■もう一度恋をする?

「もともとカッコよかったけれど、大人になってさらに洗練されてスタイリッシュになっていた。でも、左手の薬指には指輪が。聞けば中学校の同級生と結婚したらしい。私もがんばっていれば......」(25歳/女性)
「同窓会で『あのかわいい子だれ?』と注目の的になっていた初恋の彼女。仕事もバリバリやっていて、さりげなくおしゃれ。でも、話してみたら、昔と変わらず優しくて、涙が出そうになった」(28歳/男性)
「同窓会の帰り、駅まで送ってくれた初恋の彼。別れ際に、『知ってる? 俺の初恋の人、君だったんだよ』と言われてキュン死にするかと思いました。消極的だった中学時代の自分を恨みました」(31歳/女性)

再びときめくことができるのは最高のシチュエーション。当時の思い出がいっそう美化されてしまいそう。


■子持ちなのはいいいけれど

「30歳のときに行われた同窓会。初恋の彼も来ていたので、ドキドキしながら話しかけたら結婚して子持ちだった。おまけに子どもはもう中学1年生! 驚きで言葉を失いました」(31歳/女性)
「シングルファザーで娘は小2。会っていなかった間に何があったのか聞きたかったけど怖くて聞けなかった」(28歳/女性)

意外と多かったのが、「大きな子どもがいた」というエピソード。自分が独身だったりすると、なおさら驚きが大きいですよね。


■当時とのギャップにショック......

「典型的なおじさん体形になっていてショックだった」(32歳/女性)
「地味目だった彼がコワモテなファッションをしていた。怖くて話しかけることもできなかった」(24歳/女性)
「チャラ男エピソードを自慢げにしていて幻滅。昔は控えめで優しい人だったのに」(26歳/女性)
「美人でさばさばしていた高校の同級生。変わっていなかったけれど、結婚したせいか『さばさば』度に拍車がかかっていて色気がゼロ。ちょっと残念だった」(30歳/男性)

なんだかんだで次々と出てくるがっかりエピソード。見た目の変化にがっかりする人は多いようです。同窓会などがあるときは、せめて身だしなみだけでも整えておきたいところ。


■幻滅できてホッ......?

「高校生の頃に告白して振られてからも、ずっと好きだった彼。同窓会で約10年ぶりに会ったら小太りになっていた。ジャニーズみたいだったのに、すっかりただの『人の良さそうなおじさん』に。ドキドキすることもなく、普通に話せた」(30歳/女性)
「小学校から中学校までずっと好きだった男の子に20歳の頃の同窓会で会ったら『キレイになったね。まだオレのこと好き?』とニヤニヤしながら聞かれた。完全に幻滅」(24歳/女性)

当時、切なくなるほど好きだった人との再会。幻滅してもう切なくなることはないと思うと、ちょっとホッとしますね。


全体的には、ときめいた、という意見も少なからずあるものの、がっかりした人の方が多数派でした。初恋の人にはあえて再会せず、良い思い出として残しておくのもいいかもしれませんね。

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ