ここから本文です

結婚を意識しはじめたカップルは、好きという感情だけでなく、貯金や子どものことなど考えることがたくさん。貯金などは話し合いで解決できますが、とくに変えられないのが「出身地」。実際、結婚相手の出身地は気になるものなのでしょうか? 男女それぞれ100名に聞いてみました。

■男性聞いた「結婚相手の出身地、気になる?」

サムネイル

「いいえ」80%
「はい」20%
(※20~30代の男性100名/クロスマーケティング調べ)

男性はほとんどが「気にしない」という結果になりました。その理由はこちら。
「今、現在の状況の方が重要だから」(32歳/島根県)
「出身地というより相手との相性を重視する」(28歳/福島県)
「出身地に貴賤(きせん)はない」(30歳/大阪府)
今の状況や性格のほうが気になる、という意見が多く見られました。

「好きな相手なら気にならない」(26歳/沖縄県)
「好きになれば関係ないから」(27歳/石川県)
「その土地それぞれの良さがあって面白い」(29歳/神奈川県)
さらに、好きになってしまったら気にしててもしかたないという意見も。

一方、「出身地を気にする」と答えた男性の理由はこちら。
「遠いと恋愛関係に障害ができるので」(25歳/岩手県)
「あまりに遠かったら帰省に行くことが難しいため」(26歳/北海道)
物理的な不便を心配する意見が多いようです。


■女性に聞いた「結婚相手の出身地、気になる?」

サムネイル

「いいえ」59%
「はい」41%
(※20~30代の女性100名/クロスマーケティング調べ)

一方、女性の回答も「いいえ」が多かったものの、男性に比べて気にする人の数が多くなりました。女性が相手の出身地を気にする理由はこちら。

「将来、自分が住むかもしれない場所だから」(32歳/愛媛県)
「結婚を意識したら、寒い地や僻地(へきち)出身だと困る」(29歳/埼玉県)
「自身が地元を離れたくないため」(33歳/岐阜県)
やはり、嫁ぐ立場の女性にとっては、相手の出身地は大きな問題。少なからず考えてしまいます。

「地域によって文化が違うから」(29歳/北海道)
「文化が異なる地域の人だと、埋められない溝があることが多い」(39歳/長野県)
「習慣や育ちが知りたいから」(34歳/福岡県)
このように、育った環境で男性の性格を見極めるという意見も目立ちました。

とはいえ、「いいえ」と答えた女性にとっては、

「その人まるごと好きになってしまうので」(39歳/滋賀県)
「問題はその人の性格だから、出身地は関係ない」(23歳/東京都)
「相性が合えば、たとえ外国人でも気になりません」(37歳/奈良県)
と、一度好きになってしまったら関係なくなってしまうようです。


男女差が表れた「結婚相手の出身地」に関する質問。結婚話で恋人と意見が食い違ってしまったら、これらの意見を参考にしてみてください。結婚とはお互いに歩み寄る姿勢が大切ですからね!

(田中結/プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ