ここから本文です

バレンタインデーで忙しい2月が終わり、3月は女性にとって楽しみなホワイトデーがやってきます。「ホワイトデーは3倍返し」などと言われていますが、実際に女性たちが期待するホワイトデーの予算はどれぐらいなのでしょうか?

■バレンタインデーにあげたチョコの予算(1個あたり)はいくらですか?

サムネイル
・0円(あげていない)24%
・500円以下 29%
・1,000円以下 28%
・2,000円以下 13%
・3,000円以下 4%
・それ以上 2%
(20~30代女性300人/クロス・マーケティング調べ)

まずは、バレンタインデーのチョコのお値段を聞いてみると、500円以下が約3割、1000円以下も約3割。ざっくりまとめると「1000円以下が57%」という結果に。これぐらいが一般的な価格帯のようですね。

■ホワイトデーにもらいたいお返しの予算(1個あたり)はいくらですか?

サムネイル
・0円(あげていない)24%
・500円以下 18%
・1,000円以下 35%
・2,000円以下 13%
・3,000円以下 6%
・それ以上 4%
(20~30代女性300人/クロス・マーケティング調べ)

次にホワイトデーに期待しているお返しのお値段を聞いてみると、「1000円以下が53%」なので、だいたいバレンタインデーと相違なく思えます。しかしポイントは「500円以下」が11%減り、「1000円以下」が7%増えていること。お返しはちょっと高めに返して欲しいという意見が多いようです。

その理由は?
「ホワイトデーのお返しは、お菓子ではなく、ものを買ってくれるから」(30歳)
「チョコは安かったけど、一緒にブランドのアンダーウェアもプレゼントしました。それを考えると、3000円以上のお返しじゃないと不公平」(25歳)

お菓子じゃないものとなると、500円以下では予算が足りなくなってしまうんですね。

「バレンタインは手作りのガトーショコラでした。かかった値段は安いけど、労力も考えてほしいので」(27歳)

このように、バレンタインデーにかけたいろいろな労力を加味してお返しを考えてほしいという意見も。

「彼はプレゼント選びが苦手なので、ホワイトデーには食事をおごってくれます。その値段を考えると3倍返しはうそじゃないかも」(26歳)

「3倍返し」の都市伝説はこのように生まれたのかもしれませんね。

女性たちがホワイトデー期待するのは"ちょっと高め"なお返し。ホワイトデーに何を返そうか迷っている男性はぜひ参考にしてみてくださいね。
===== 【調査概要】 調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ 期間:2013年2月18日~2月19日 対象:全国の20~39歳までの女性300人 ======

(田中結/プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ