ここから本文です

みなさんは、国際恋愛をしたことありますか?「愛に国境は関係ない!」なんて聞いたことがありますが、文化や習慣の違いから、交際の中でいろいろ驚かされることがありそうです。国際恋愛経験者から、リアルなお話を聞いてみました。

サムネイル

■会うたびにお花のプレゼント
「サイパン在住の彼、1カ月に1度ほど会いに行くのですが、空港で会う度に"I love my princess"という言葉とともに、花束をプレゼントしてくれます。"My Sweetie"という愛を込めた呼びかけなんかもしょっちゅうしてくれます」(28歳女性/彼氏はアメリカ人)

 あま~い! 慣れてしまうと日本人のコミュニケーションが物足りなくなりそうです。

■いつでもどこでもキス
「日本とアメリカでの遠距離恋愛ですが、日本で会うときも、いつでもどこでもキスの嵐。はじめは戸惑いましたが、今は普通にどこでもラブラブしちゃいます」(27歳女性/彼氏はアメリカ人)

「電車の中で彼とキスしていたらおばさんに『あんたたち、ここは日本よ!』」(29歳女性/彼氏はドイツ人)と怒られたという人もいました。

■映画のようなプロポーズ
「現在婚約中ですが、プロポーズが感動的でした。ひざまづいて、『僕と結婚してくれますか?』という言葉とともに、ダイヤの指輪をプレゼントされました」(32歳女性/彼氏はイタリア人)

 ロマンチックな表現や演出、情熱的な愛情表現。草食男子が増殖中の日本では、なかなか経験できない体験ばかり......。

■クリスマスなどのイベントは
「欧米ではクリスマスや年末年始などのイベントは家族で過ごすことが当たり前だそうで、彼と一緒に過ごすことができません。日本では、クリスマスは恋人と過ごしている友人が多くてうらやましい!」(24歳女性/彼氏はイギリス人)

 早く家族になれるといいですね!

■ノーブラ
「基本、彼女がノーブラ。日本に遊びに来ているときも、ブラジャーをしないで真夏はキャミソール一枚などで行動するので、他の男性の視線が気になって仕方がありません。注意しても、ブラジャーをするのがわずらわしいらしく、してくれないのが悩み」(29歳男性/彼女はスペイン人)

 日本人からするとちょっとドキドキしてしまいますよね。ブラジャー機能つきのキャミソールをプレゼントしてみてはどうでしょうか。

■突然の別れ
「当時、日本在住のインド人と2年間付き合っていました。ふたりの愛は本物だったと思うのですが、ある日突然『実家から結婚の命令が来た。愛しているのは君だけど結婚は別だから』と帰国してしまった。身分や家柄で結婚を決めることが多いインドでは、こんな別れ方はよくあるそうです」(30歳女性/元カレはインド人)

 なんとも切ないお話。彼にとってはそれが常識だったのでしょう。分かり合えない、文化の壁を感じるエピソードです。

 交際中からゴールイン、はたまた別れの理由まで。カルチャーショックに驚かされ、喜び、泣き笑い、国際恋愛って、きっととっても刺激的。いま国際恋愛をしている皆様も、さまざまな経験を乗り越え、幸せをがっちりつかんでください!

(桜まゆみ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ