ここから本文です

春は歓送迎会に参加する機会が多いシーズン。本来であればいい思い出として胸に残る飲み会も、一歩間違えば最悪の思い出になってしまうことも。20代~30代の女性に「最悪だった歓送迎会のエピソード」を調査したなかから、最もひどいエピソード、ワースト5を紹介します。

サムネイル

■1位 まさかの不倫暴露
「別の部署の上司との不倫を仲良しの後輩に暴露された。当然、その場はシーン......。結局その後は上司との仲もうまくいかなくなるわ、職場にもいづらくなって私も退職するハメに。ちなみに送別会はありませんでした」(32歳)

自業自得とはいえ悲惨です。歓送迎会などでのふとした発言から社内恋愛がバレるパターンは意外と多いよう。

■2位 男性社員同士のケンカ
「去年参加した職場の歓送迎会でのこと。主役の男性と仲がよかったはずのT君がいきなり大げんかに。殴り合いになりそうなのを男性社員たち数人が必死に止め、体を押さえつけての説得。結局、場も盛り下がり、一次会のみで早々に解散しました」(26歳)

社員はもちろん、お店のスタッフも大迷惑。いくら腹が立つことがあったとはいえ、楽しい場を台無しにするなんて大人げないですね。

■3位 上司のパワハラ&セクハラ
「歓送迎会のたびに憂鬱(ゆううつ)なのが、酒乱の店長。『君』付けで呼ぶことを全員に強制するわ、口に入れて唾液でベトベトのチョコを『受け止めろ!』と飛ばしてくるわ、女性従業員に下ネタ攻撃するわ......。毎回やりたい放題でうんざり」(25歳)

お酒の席をストレス発散の場と勘違いしているタイプ。こういう人ほど、率先して歓送迎会を開きたがるから注意です。

■4位 選んだ店が......
「とにかく店が最悪だった。7人で予約したのに、運ばれてくる料理の量はせいぜい2人分ほど。ドリンクでさえ20分も待たされるし、揚げ句に、デザートが出てきたのが席を立たされる10分前! 結局デザートが残っているのに『時間です』と追い出された」(30歳)

歓送迎会シーズンで忙しいとはいえ、こんな接客をされてはせっかくの会も台無し。幹事のせいでなくとも恨まれてしまう場合もありそう。

■5位 歓迎ムード、ゼロ
「前の派遣先でのこと。私の歓迎会は前任者の送別会を兼ねていたのですが、『●●(前任者)がいなくなったら困る』だの、『●●以外には安心して仕事を頼めない』だの、みんなで彼女を引き止めるような発言ばかり。私の立場は......、と悲しくなってしまいました」(23歳)

せっかく新しい職場でがんばろうという矢先にこれでは、仕事への意気込みも半減。去っていく人を立てるのも必要ですが、これは配慮が足らないですね......。

職場やサークルでの活動のケジメとなる歓送迎会。ただの飲み会ではない、主役になるい人がいる会だからこそ、その場での態度には気をつけたいもの。送る側、迎え入れる側どちらにも、場を乱さないマナーが大事ですね。

(板橋不死子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ