ここから本文です

マンネリ化した社内に新入社員が入社してくることで、雰囲気が一新することもあります。たとえ仕事はできなくても、新入社員のフレッシュな空気とガッツ、前向きな姿勢に刺激を受けることもあるものです。フレッシュな新入社員ならではのあるあるエピソードを紹介します。

サムネイル

■泣きながら資料を作成している(商社事務・38歳・女性)

成長過程に涙はつきもの。投げ出さないガッツのあるその姿は、先輩社員の胸に響くことも。

■想像もつかないような斬新なアイデアを出してくる(デザイン・53歳・男性)

型にはまらない柔軟な考え方は新入社員だからこそ。クリエイティブな発想が必要とされる場では、即戦力になることも。

■カバンから、わざと日経新聞をチラ見せしてくる(保険会社・36歳・女性)

勉強していることをアピールするフレッシュさ、微笑ましいと思ってもらえたらありがたいものです。

■がむしゃらに反抗しようとしてくる(エンジニア・28歳・男性)

最近は打たれ弱い新人が多いなか、「骨がある」と高評価を得そう。反骨精神が度を超えて強すぎると面倒なこともありそうですが......。

■「ウィッス!」「ラジャーッス!」を敬語だと思っている(食品メーカー・29歳・男性)

邪気がないまっすぐさは伝わるので、はじめは笑って済ませてもらえるかも......。

■「早く一人前の営業ウーマンになります!」と張り切って挨拶(あいさつ)をした1カ月後に妊娠して退社する(不動産取引・36歳・女性)

あまりにも素早い人生設計の転換。全てに勢いと若さを感じるエピソードですね。

■レクリエーションの日程調整はやたら張り切る(ネットワーク・27歳・男性)

社内のレクシエーション行事にもマンネリを感じている先輩社員には、刺激になるかも。

■スライムを机に置いている新人がいる(情報技術管理職・40歳・男性)

彼が机を空けているときに、ちょこっと触ってみたくなります......。

■スケボーに乗って出社してくる(飲料メーカー・36歳・男性)

どんな仕事も体が資本(!?)。出社前に転んでけがをする、なんてことがありませんように。

■「将来の目標は?」と、聞いたときに「かっこいい人になりたい」と言われ、具体的に聞いたら「まだこれから」とのことだった(商社営業・41歳・男性)

希望に満ちあふれた漠然とした目標設定がフレッシュです。思い切り「かっこいい人」になって欲しいですね。

いきなり完璧に仕事をこなせる新人はいないもの。こなれた様子で全てに要領良く対応するなんてことは、新入社員には求められていないでしょう。フレッシュさと素直さが、大切にされるのだと思います。

これらのエピソードは、宝島社から出版されている「会社あるある」からピックアップしたものです。この他にも、社会人が共感できるさまざまな"あるある"が読めますよ。仕事に疲れたときにぜひどうぞ。

■引用元
「会社あるある サラリーマンの"笑"撃風景488発!」(宝島社)>>

(桜まゆみ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ