ここから本文です

メイクやファッション、料理や掃除。つい手を抜いてしまうことも時にはあるものの、それが彼氏や意中の男性に気付かれると、なんとなく恥ずかしいと思うのも女心。では男性に手抜きを指摘された時、どうすればうまくごまかせるのでしょうか? シーン別のうまい言い訳を社会人男女に調査しました。

サムネイル

■メイクにおける言い訳
「男性はメイクの流行に疎(うと)いので、『今日はちょっと薄めのメイクにしてみた。最近流行ってるから』といえば、問題なし」(27歳女性)
「今日だけメイクを変えたことにして、『前のが良かった? それなら次はまた戻すけど』と言うと、男性は手抜きかどうかなど忘れて、自分の意見が尊重されることを喜んでくれる」(24歳女性)
「女の子からサラッと『今日あんまりメイクしていないんだ』と正直に言われると、なぜかあまり気にならなくなる」(26歳男性)

メイクの知識を持っている男性は少ないですからね。これはごまかしやすいかもしれません。

■ファッションにおける言い訳
「自分の服装がイマイチな時は、まず相手の服装を褒める。そして『私も見習わなきゃ』と付け加える」(29歳女性)
「『最近、服がなくてこんな地味になっちゃった』とアピールする。そうすると、場合によっては服を買ってくれる」(28歳女性)
「いろいろ言い訳されるより素直に言ってもらった方がずっと好印象。むしろかわいく見える」(30歳男性)

男性の意見を見るに、小細工不要ということでしょう。なかには、服を買ってもらうよう企(たくら)んでいる女性もいるようですが...。

■料理における言い訳
「定番だけど、残り物で作ったことをアピールする。どんなに手抜きの料理でもお惣菜(そうざい)を並べるよりは反応が良いので」(26歳女性)
「明日の夕食の話をして気をそらす。『明日何食べたい?』とか『○○食べ行こう』といえば、彼氏の意識がそちらに行く」(29歳女性)
「料理については、"作ってもらっている"意識があるので、彼女が『手抜きなんて言うなよ』というオーラを出していると、何も言えない」(29歳男性)

最後のオーラをどうやって出すのか、その方法を身に付けたいところですね。

■掃除における言い訳
「指摘されたら『あ、忘れてた!』と演技して、慌てて掃除する。そうすればお茶目な感じに見えるので、笑ってくれる」(26歳女性)
「『時間がなかったから明日やるの』と言い訳すれば、手抜きではなくむしろ細かくやっている印象になる」(26歳女性)
「自分の指摘に対し、『それよりもっとキレイに使ってよ! この前も...』と返されると、男としては何も言えないし、今後も何も言わなくなる」(28歳男性)

指摘されたら「まだ完了していない」ことにするのが一番ですね。最後のも効果的ですが、筆者(男性)としては、なるべく使わないでもらいたいです。

筆者を含め、自分のことを棚に上げて女性のズボラを指摘する男性は少なくありません。ガツンと言い返すのもアリですが、ひとつの手段として、上記の言い訳を駆使してみるのも悪くないかもしれませんね。

(有井太郎+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ