ここから本文です

男は泣くな」と教育を受けてきた日本男児も多いと思いますが、男性だって人間。笑うことも、泣くこともあるものです。「男の涙」、女性にはどう受け取られるのでしょうか? 男の涙のアリ・ナシのボーダーラインを、社会人女性たちに調査しました。

サムネイル

【グッとくる! 男の涙】
■これぞ「男泣き」
「スポーツなど見ていてもそうだけど、男の人が努力をして、何かを達成したときに流す涙は最高!」(27歳)
「夢に向かって頑張っている最中、苦しんで涙を流す姿を見てそばで支えたいと思った。今の主人です」(33歳)

全力を尽くした男が泣いている姿はかっこいいですね。「夢やプライドなど、大切なモノ」のために泣いている姿は、女性の心を打つのかも。

■恋愛で流す涙
「昔付き合っていた彼に別れを告げたとき、『好きなのに別れを受け入れられるか!』と涙を流されたときは本当に別れてしまっていいのか悩んだ」(26歳)
「普段は絶対泣かない彼とけんかをしてすごく責めてしまったとき、『傷つけてゴメン』と涙を流して頭を下げられて、許そうという気になった」(28歳)

恋愛において「ここぞ」というとき、男の涙も武器になるようです。

■感動で流す涙
「映画やドラマを見ていて、感動して流す涙にはグッときます。私も泣くので、感動を分かち合える気がする」(30歳)
「結婚披露宴で、涙を流す新郎の姿はいいなぁと思う」(32歳)
「映画館を出るとき、目が真っ赤になっている彼の顔を見てかわいいと思った」(24歳)

感動で流す涙は、感受性豊かな心の表れ? 肯定的に捉える女性は多いようです。

【こんな涙はちょっと...】
■恋愛の涙でも...
「彼氏の浮気がバレたとき、パニックになって泣きながら『だってお前が○○だから』とか、言い訳を並べられてドン引きした」(30歳)
「昔付き合っていた彼がすぐ泣く人だった。けんかの度に泣かれたので、泣けば許されると思っているようにしか思えなくなった」(28歳)

こんな形では、恋愛で流す涙も説得力がなくなりますね。ちょっと前の、某俳優の涙の二股謝罪会見を思い出しました。

■たまーにだからいいんです
「泣き上戸はイヤ。酒の席で泣かれると困る。私が泣かしてるみたいだし」(27歳)
「会社によく泣く同僚がいますが、情けなく見えてしまう」(31歳)
「嫌なことがあるたびに、彼氏が『ちょっと泣かせて』と言って私の胸で泣く。はじめは良かったけど最近はウンザリ。年に1~2回なら良いのですが、月に1回くらいあるので」(29歳)

頻繁に泣かれると男の涙に希少価値がなくなり、「泣き虫」の刻印が刻まれてしまうよう。女性だってあまりにも泣きすぎると引かれてしまいますもんね。

まとめると、ごくたまに見せる男性の涙に女性たちは寛容。好感を持つことも多いようです。そして、感動や共感の涙、親しい人の前で見せる悔し涙は、あまり恥ずかしがらなくてもいいのかもしれません。最近では「涙活」なんて言葉もあるようですが、あなたは涙を流すことを我慢していませんか?

(桜まゆみ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ