ここから本文です

「もしも彼氏がニートや無職になったら......」そう考えると多くの女性はゾッとしてしまうはず。結婚を考えている相手ならなおさらのことです。しかし、ある日突然、彼が無職になってしまうことも現代では起こりえる事態。そんなとき、彼女としてどう接することがよいのでしょうか? 無職彼氏と交際したことがある女性たちに経験談を語ってもらいました。

サムネイル

■仕事が見つかるまで会わない
「次の仕事が見つかるまで会いません。彼が自分のことを好きだという自信がないとなかなか言えないセリフですが......。一緒にいると甘やかしてばかりになりますし」(27歳)

仕事もない、お金もない、愛もない。そんな、ないないづくしでは生きる気力まで失ってしまいそうです......。でも、マメなメールは心がけるとのこと。

■質素に暮らす
「無職なら無職なりに質素に暮らします。デートもカフェなどに行かず公園でピクニック。『働いていないんだから、つつましくしなくっちゃね!』とさりげなくプレッシャーをかけました。あからさまに生活水準を変えると、やっぱり彼も『今のままじゃダメだ』という気になるみたいで」(28歳)

「あなたが無職だから......」という態度をとるのはNGですが、気を遣っているんだよ、ということはアピールするといいようです。

■手作り料理で応援!
「それまで外食が多かったのですが、デートのときはいつも私が料理をするようにしました。スタミナがつくものを中心に『これ食べて就職活動がんばって!』と。次の日のお弁当も用意しておくこともありました」(25歳)

彼女の愛が詰まった手料理はどんなときでも励ましになります。職を失ってからの再就職活動はかなり心が疲弊するのでなおさら。

■「どんなことがあっても好きだよ」
「彼がどんな状態になっても気持ちが変わらない、と伝えるのは実は重要なことだと思います。いろんな面で自信を失っているときですし。自分は味方だということを印象づけます」(33歳)

ふだんは言わない人こそ「好き」を言葉で表わすと心に染みます。こういうときこそ、信頼を築くときです。

彼が無職になったとき、彼女たちが気をつけていることとして挙げられたのは、2点
1.「プライドを傷つけることはNG」
2.「プレッシャーをかけすぎない」

思っていることをズバリと言いすぎてプライドが傷つくとやる気を失いますし、甘やかしすぎて「俺は無職でもイイ男だ!」などと大いなる勘違いをされても大変です。
細心の注意を払いつつ無職彼氏を応援していきましょう。

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ