ここから本文です

近頃、テレビ番組でよく見かける芸人"小石田純一"。その芸名からも察するように、俳優でタレントの石田純一のモノマネ芸人として注目が集まり、『笑っていいとも!』出演後には、一カ月で60本(!)もの出演オファーが来たほどの人気ぶりだとか。トレンディ過ぎる"小石田純一"って一体何者?

サムネイル

小石田純一のネタを見る「トレンディ語録」>>

埼玉県生まれ、現在32歳の小石田純一は、イモトアヤコやハライチらを輩出したタレント養成所「ワタナベコメディスクール」出身。趣味はJリーグ観戦で、出身県の大宮アルディージャを応援しているそうです。また、特技であるスキーは一級の腕前!

サッカー好きでスキーが得意だなんて、なんだかトレンディ......。さらに、小石田純一のトレンディな特徴をご紹介しましょう。

サムネイル

■服装がトレンディ
ディレクター巻きにしたピンクのカーディガンとノーソックスの足元が、実にトレンディ。好きな女性に東尾理子を挙げたり、ブログ名は「ノーソックス、小石田ライフ。」トップページは石田純一の公式サイトのパロディにするなど、芸風に対する強いこだわりが細部にも見て取れます。

■とくにピンクのニットがさわやか過ぎる
「青い空、白い海、白いシャツ、ピンクのニット(ニコッ)」
ピンクのニットがこんなにさわやかなものだったとは。

■恋ははかないもの、だなんて思わない
「恋ってはかないもの。そんなことを言う人がいるけど僕はそうは思わない。僕が思うはかないものは「靴下」」
トレンディにうまいことを言います。

■恋に溺れる覚悟がある
「高級ホテルのプールでは溺れたくないけど、君との恋になら、溺れてみたい」
高級ホテル......とさりげなくトレンディなフレーズを混ぜてくるあたりがにくい。

■朝のあいさつがスイート
「おはよう。朝食はトーストで。君が作ったら、ハニートーストだね」
甘い言葉も忘れてはいけません。

サムネイル


■本家・石田純一の反応
今年に入り、ブレイクの兆しが見えた小石田純一。こうなると、ご本人・石田純一のリアクションがいっそう気になるところですが......先日、石田純一の口から容認していることが発表され、晴れて本人公認のモノマネ芸人に! これで、ネタ作りにも拍車がかかるか?

ちなみに現在、GYAO! では「石田純一漫談」を複数配信中。彼のことが気になっていた人はもちろん、「名前くらいしか知らない」という人も、ぜひご覧あれ!

(松本まゆげ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ