ここから本文です

近頃、スマートフォンやタブレットで使える「子育てアプリ」が増加しています。それらを使いこなし、育児に活用する"スマートママ"たちに人気の子育てアプリを調査してみました。

サムネイル

■あやしアプリ「赤ちゃん泣き止み音」
サムネイル
赤ちゃんがなかなか泣き止まないというのは、子育ての苦労としてよく耳にします。そんなとき便利なアプリはこちら。ビニール袋、テレビの砂嵐、掃除機、ドライヤーなど子どもが泣き止むのに効果的な音が収録されています。ユーザーレビューでも「本当に泣きやみます!」との評価。
-価格:無料
-販売元: BookLive Co., Ltd.
iPhoneダウンロードはコチラ>>
Androidダウンロードはコチラ>>

■育児記録アプリ「ミーテ いくメモ」
サムネイル
忙しい子育て中に、少しでも簡単に育児記録を取りたいという方はこれ。わざわざ育児記録を書き込まなくて済むように、項目ごとに設定されたスタンプを押すだけでOK。その他Twitterやmixiにも投稿できたり、絵本読み聞かせコミュニティサイト『ミーテ(http://mi-te.jp/)』と連動することも可能。
-価格:無料
-販売元: KUMON EDUCATIONAL JAPAN CO.,LTD.
iPhoneダウンロードはコチラ>>
Androidダウンロードはコチラ>>

■知育アプリ「東大式知育術・英語紙芝居「桃太郎」」
サムネイル
サムネイル
サムネイル
日本の昔話を英語に翻訳してあり、耳からも目からも英語が入ってくるという「英才教育的」な内容です。また、「タップして桃を割ろう」「タップして鬼をやっつけよう」など、スマホならではのタッチ操作も施されており、子どもも楽しみながら英語を学ぶことができます。実はこれ、子どもを育てるということをコンセプトに、東大生と東大卒業生が制作したアプリ。
-価格:無料
-販売元: hottea.inc,
iPhoneダウンロードはコチラ>>
Androidダウンロードはコチラ>>

■お絵かきアプリ「電車が動く! 走るお絵かき」
サムネイル
お絵かきセットがない場所でも、スマホアプリがあればすぐにお絵かき遊びができます。こちらは、男の子が大好きな電車が走り出すアプリ。画面を指でなぞるとそこが線路になり、音を鳴らしながら電車が走ります。新幹線、SLなど電車の種類も豊富。
-価格:無料
-販売元: Atech inc.
iPhoneダウンロードはコチラ>>
Androidダウンロードはコチラ>>

■成長記録アプリ「nicori」
サムネイル
すぐ大きくなってしまう子どもの成長を簡単に記録できるアプリです。アプリで撮った写真はカレンダーに自動的に整理されるため、日々の成長を振り返ることができます。オンラインに投稿した写真が閲覧されると、「見た人スタンプ」がついたり、コメント機能も。投稿する際は、写真単位で公開範囲も設定できるので安心。パソコンやフィーチャーフォン(ガラケー)からでも閲覧できるので、スマホを持っていない実家の両親などにも共有できます。
-価格:無料
-販売元: ORO co.,ltd.
iPhoneダウンロードはコチラ>>

そんなnicoriの開発者である株式会社オロの鈴木さんは「家族間でコミュニケーションがとれるサービスは、いま大きな注目を集めています。アプリもそのひとつ」と言います。直感的な操作が売りのスマホは、母親と子どものコミュニケーションツールとしても最適だったんですね。

スマホの技術が向上するにつれて、ビジネスシーンだけでなく子育てもさらに進化するかもしれません。今後の子育てアプリに期待が寄せられます。

(くわ山ともゆき+プレスラボ)

■ 取材協力
株式会社ORO

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ