ここから本文です

春は職場に新入社員が入ってくる季節。公益財団法人日本生産性本部が発表した、2013年(平成25年度)の新入社員タイプは「ロボット掃除機型」。「部屋の隅々まで効率的に動き回り役立つが、段差(プレッシャー)に弱い。能力を発揮させるには環境整備(職場のフォローや丁寧な育成)が必要」という特徴があるようです。

先輩社員たちは、後輩をより丁寧に教育するのがうまく育てるコツとのこと。そこで、働く20~30代の男女300人の後輩との付き合い方を調査してみました。

サムネイル

■Q.現在の職場にかわいがっている後輩はいますか?
「はい」.........25%
「いいえ」.........75%
多くの人が「かわいがっている後輩はいない」という、ちょっと残念な結果に。いったいどうしてなのでしょうか。


【かわいがっている後輩がいない理由は?】

■職場に後輩がいない
「後輩がいない」(27歳/男性)
「自分が一番下っ端だから」(31歳/女性)
「派遣なので後輩はいない」(26歳/女性)

「いいえ」と回答した中で一番多かった意見。働き方が多様化する中で、後輩がいないという方が増えているのでしょうか。転職をしながらキャリアを重ねていく仕事スタイルでは、同期や後輩という感覚は薄れていくのかもしれません。

■優秀ではないから
「ゆとり世代は、マイペース過ぎる」(34歳/女性)
「優秀な後輩がいない」(32歳/男性)

「ゆとり世代」に戸惑うという意見もありますが、後輩を優秀な人材に育て上げるのも仕事の楽しみのうちだと思います。

■後輩だからといってかわいがらない
「後輩というよりも、対等なライバルになっているから」(31歳/女性)

この関係が作れると、先輩・後輩ともに成長できそうです。


反対に、かわいがっている後輩がいると答えた人たちは、後輩のどんなところを気に入っているのでしょうか。

【後輩をかわいがっている理由は?】

■素直だから
「素直な後輩はかわいいです」(36歳/女性)
「素直。一生懸命」(28歳/女性)

「はい」と回答した中で一番多かった理由は「素直だから」。「慕ってくれる」「真面目だから」という理由をつけて回答している人が多かったのが特徴でした。

■仕事能力が高い
「積極的に意見、質問をするし、先輩の意図をよく読んで行動する」(29歳/男性)
「仕事の覚えが早い」(28歳/男性)
「仕事に対するモチベーションが高いから」(39歳/男性)

仕事に対してのスキルや姿勢を評価する方も多く、特に男性に多い意見でした。


社会で生きていくには、上司や先輩付き合いと同じように、後輩付き合いが大切です。後輩側は先輩が求める「かわいがりたい後輩像」を勉強してみるのもありかもしれませんね。


【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2013年3月6日~3月8日
対象:全国の20~39歳までの男女300人

(いとう+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ