ここから本文です

部署移動や転籍など仕事環境の変化にあわせて、新たな恋のスタートを踏み出すにはもってこいのタイミング。転職サイト「イーキャリア」の調査によると「社内恋愛(片思いの恋愛も含む)の経験がある」と答えた女性はなんと全体の57%! 実に半数以上が社内恋愛経験者だったのです。そこで今回は、社内恋愛のメリット/デメリットについて探ってみました。

サムネイル

【社内恋愛のメリット】
■「共通の話題があるので、会話が弾む。仕事で悩んでいるときなどに、適切なアドバイスをしてくれた」(27歳/女性)

職場が違うとなかなか踏み込めない部分も共有できるという点で、公私ともに充実した付き合いが生まれそう。

■「普通じゃ見られない、"仕事している姿"に萌える。社内でイチャついている時のスリルがたまらない!」(24歳/女性)

真剣に仕事に取り組む姿を見せられたら、好きな気持ちもアップしてしまいますよね。ふたりだけの秘密というシチュエーションもマンネリ打破につながる!? 

■「同じ会社ということで身元にウソがつけないぶん、変な詮索をする気もおきない。合コンに行かないように見張っていられるところ」(30歳/女性)

「彼女にウソをついて合コンに行っていた」なんて話はよく耳にしますが、彼女が同じ社内ではなかなかそうもいきません。浮気の心配が減るのはうれしいですね。

■「とにかく毎日会えること! お互い忙しくても、顔を見られるだけで安心するし、思う存分仕事に専念できる」(28歳/女性)

忙しいと何日も音信不通なんてことが社会人の恋愛では日常茶飯事。同じ会社に恋人がいる安心感は仕事のモチベーションアップにもつながるようです。

【社内恋愛のデメリット】
■「彼が他の女性社員と仲良くしているところを見てしまうと、すごくやきもちを焼いてしまってすぐけんかになる」(26歳/女性)

社内恋愛はおのずと周囲に関係を隠してしまいがち。そのせいで、彼女だと名乗り出ることもできずヤキモキすることがあるのだそう。

■「バレないように、わざと違う電車に乗ったり、逆方向に歩いて待ち合わせ場所で合流したり。とにかくめんどくさいことが多かった」(32歳/女性)

社内恋愛禁止の会社の場合、バレないように気を遣うのは大変。休日にも社内の人に会わないよう、わざと遠くに行ったりとデートするにも一苦労だったそうです。

■「同棲(どうせい)もしていたので、一緒に居る時間が長すぎるのが苦痛だった」(29歳/女性)

毎日会えるというメリットも、裏を返せばイヤでも顔を合わせなくちゃいけないというデメリットに。ケンカ中のときなどは、特にイライラ......。

■「別れたときが最悪。社内にバレていたせいで、飲み会のたびにネタにされてうんざりした。しかも、元彼は別の後輩と付き合っちゃうし、肩身が狭いったらない」(33歳/女性)

彼との恋が終わっても会社務めは続きます。気持ちの切り替えや周囲への説明など、後始末をするのも時間がかかりそうですね。

社内恋愛は、メリットとデメリットまさに紙一重だということがよくわかりました。とはいえ、社内恋愛経験者が口をそろえるのが、「社内恋愛は結婚にむすびつきやすい」ということ。結婚情報サイト「ゼクシィnet」のユーザーアンケートによると、23%もの人が旦那さんと職場で出会ったと回答しました。結婚への近道とも言える社内恋愛、あなたはしてみたいですか?

(板橋不死子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ