ここから本文です

同棲(どうせい)しているカップルの中には、お風呂に一緒に入るというパターンが少なからずあります。しかし、毎日一緒に入っていると、次第に慣れてマンネリ化してしまいがち。また、すぐにエッチな方向へ考えてしまう人もいるかもしれませんが、実は一緒にお風呂に入るということは、コミュニケーションを取るのにはとっても良い場なのです。

サムネイル

よりカップルでの入浴を楽しむための工夫について、同棲(どうせい)している20代から30代の男女に調査してみました。多い意見をランキングで発表します。

■1位 入浴剤
「毎日、どの入浴剤にするか二人で選ぶのでお風呂に入る前から少しワクワク」(30歳/女性)
「ちょっと出かけたときに、気軽に買ってこられるアイテムなので、けんかしたときにささやかなプレゼントになることも」(27歳/男性)
「変わり種の入浴剤を見つけるとつい買ってしまう。入浴剤集めが二人共通の趣味になりました」(24歳/女性)

手軽なアイテム、入浴剤を支持する声が多数あがりました。一緒に選ぶことができるのも良いですし、買うときに相手のことを思い出せるのも良いところ。また、「記念日などにはバラを買ってきて豪勢にバラ風呂にする!」という人も。

■2位 音楽再生機器
「互いの好きな曲を日替わりでかける。普段のコミュニケーションのきっかけにも」(31歳/男性)
「曲を流して一緒にカラオケ大会。ストレスがたまっていてもスッキリ」(24歳/女性)
「機嫌が悪いときはメタルをかけて、遠回しに自分の機嫌を伝える方法にしています」(27歳/女性)

もしけんかをしていたときでも、音楽が中和剤になってくれることもあるので、活用しているカップルは多いようです。

■3位 照明
「あかりは消して、キャンドルを使っています。良いムードになれる」(29歳/男性)
「たまに、ですが、小さなプラネタリウムを持ちこむことがあります。二人とも休みの日にやるとリラックスムードがアップ」(25歳/女性)

甘い雰囲気を作り出したいというときには、照明を効果的に使う人が多いようです。キャンドルを使用する際はくれぐれも換気に注意を。

毎日のことなので、お金はかけずに、でもほんのちょっぴり楽しめるようにしている人が多いようです。中には、「浴槽が妙に広いので、たまにお風呂で晩酌をすることがあります」(31歳/女性)などという人も。

また、「カップルでの入浴が習慣化していると、けんかも長引かない」(29歳/女性)のだそう。一緒にお風呂に入ると、いつもより素直になれるのかもしれません。心の洗濯タイムであるお風呂。一工夫して、ますます良い時間にしたいですね。

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ