ここから本文です

"第2のローラ"として話題のタレント・水沢アリーと、南海キャンディーズの山里亮太、そして千葉県船橋市の"非"公認ご当地キャラ・ふなっしーという異色(?)の3人が20日、東京・初台の玉井病院スタジオでおこなわれた、前田敦子と成宮寛貴のW主演ジャパニーズ・ホラー映画「クロユリ団地」の特別鑑賞会に出席した。

サムネイル

玉井病院スタジオは、もともと本物の病院として利用されていた施設。そこへ、今日の趣旨を何も聞かされていない2人と1匹(?)が連れて来られ、「今から一人ずつ個室で映画を鑑賞してもらいます」と司会者からお達しが。「ホラー映画は大の苦手」という水沢と山里は、一気にテンションだだ落ち。山里は、「いやー、嫌な予感はしていたんですよね。趣旨を何も聞かされずに現場へ行くときっていうのは、大抵いいことないので。まあ今日は動物系じゃないので、ケガとかはなさそうだけど」とコメントし、報道陣を笑わせた。

サムネイル

また、お化け屋敷に入ったとき、余りの怖さに前にいたカップルの男性の手を握ってしまったという水沢は、「ホンッとにわたし、ホラーが苦手で。ただただおびえてる。そんなキモチ。ゴメンネおもしろいこと言えなくて。ウフフ」と、いつものタメ口"ローラキャラ"全開でコメント。「でもまあ、あっちゃん(前田敦子)が相当いい演技をしてるっていうからね。見ておかないと」と映画のアピール&前田敦子ラブコールもしっかりおこなった山里と2人して鑑賞前にはまだ余裕の表情だったが......。

サムネイル
サムネイル

鑑賞中も絶え間なく絶叫し、号泣していた水沢。鑑賞後にはすっかりおびえた表情で「前田さんはAKB48時代『会いたかった~』って歌ってたけど、わたしはこんな怖い前田さん、会いたくなかった~。怖さが予想をはるかに超えていて、本当に一週間お風呂に入れそうにないです」と涙目。一方の山里も、「とても怖かった。恐怖が止まらず連続して来る。安心したころにまた来るんです。そんな怖いシーンの中で、成宮くんが出てくると、すごく安心する。あっちゃん(前田敦子さん)じゃなくて成宮くんを好きになりそうになりました」と顔をひきつらせたが、記者からこの映画を誰と見たいかと尋ねられると、「まゆゆ(渡辺麻友さん)と見たいですね。怖がって抱きついてくれそう」と妄想モードに。が、すぐに気がついて「あ、また、炎上しますね...」と苦笑いを浮かべていた。

サムネイル

(取材・撮影/黒田隆憲@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ