ここから本文です

尼崎市非公認の「ちっちゃいおっさん」、船橋市非公式の「ふなっしー」など、非公式ゆるキャラが増えています。彼らは、自治体に縛られていないがゆえのユニークな発言や活動が受け大人気。

そんななか、東京都北区にも非公式のゆるキャラ「きたパンくん」が登場しました。ゆるキャラ離れした身体能力の高さが注目され、"かわいい"だけではない、ゆるキャラとしての新たなキャラ作りにも貢献。きたパンくんの身体能力の高さをご紹介いたしましょう。

■美脚が自慢
角ばったボディからにょきっと伸びる美脚が自慢。自然豊かな北区を走り回るうちに身についたのだとか。

サムネイル

左がきたパンくん、右はプロデューサー兼通訳のおときた駿さん


■フリーキックは時速80km
北区の王子駅にはキャプテン翼スタジアムもでき、きたパンくんもサッカーを猛練習中。フリーキックは時速80kmを記録し、「フリーキックならゆるキャラ界No.1」(通訳・おときた駿さん)と豪語しています。


サムネイル
スピードガンで測定したそうです



■ボールさばきが華麗
フットサル大会「きたパンカップ」を主催。YouTubeに華麗なボールさばきを見せる動画を上げ、挑戦者を募っています。(第1回は5月19日に終了、次回以降はFacebookページ参照)

YouTube「きたパンからの挑戦状」



■アイドルには負けてあげる
「きたパンカップ」でフットサル対戦をした北区赤羽発のアイドル「Nゼロ」には、1対4で負けてあげるという紳士的な一面も。


サムネイル

サムネイル
赤羽発のアイドル「Nゼロ」に負けてひざから崩れ落ちるきたパンくん


■ダブルダッチも飛べる
2本の大縄を回してその中を飛ぶという、高度な身体能力を要するダブルダッチ。きたパンくんはこれを見事飛びこなしました。

サムネイル
立命館のダンス&ダブルダッチサークルとのコラボレーションしたきたパンくん


■体臭が甘い
きたパンくんの体からは、なんとカステラの甘い香りが漂います。運動した後のきたパンくんにも、安心して近寄ってください。

サムネイル
アイドルににおいをかがれるきたパンくん


■フットワークも軽い
北区の活動だけでなく、岩手県大船渡市と宮城県仙台市のチャリティーイベントにも参加。現地の子どもたちと一緒に巨大カステラを作って震災の復興支援をしています。「カステラには人を笑顔にする力がある!」(同)と力強く語ります。

サムネイル
民間非営利団体(NPO団体)「ふらいパンダ」とともに大船渡市のチャリティーイベントに参加したきたパンくん



「桜の名所の飛鳥山公園などがあり自然豊か、都内で駅の数がもっとも多い(17駅)、物価が安い、ご近所付き合いが残っているなど、北区はとても住みよい街。たくさん人が来て、住んでもらえるようにがんばります」(同)
北区のゆるキャラとして公式化を目指しつつ、これからも北区を盛り上げたいと語るきたパンくん。ちなみに、北区出身の女優・深田恭子さんの大ファンで「あわよくばいつか会いたい」とも。

みなさんも、北区の王子駅や赤羽駅などに出没するきたパンくんに会いに行ったり、きたパンくんのFacebookページやTwitterをチェックしてみてくださいね。

「I Love 北区」Facebookページ>>

「きたパンくん」Twitter>>


(田中結/プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ