ここから本文です

合コンの解散後に、男だけで飲みなおすことは少なくありません。通称「反省会」と呼ばれるその場で、男たちは何を話しているのでしょうか? 女子禁制の、合コン後の反省会、そこで話されている内容を社会人男性に聞いてみました。よくあがる議題を、ランキング形式で発表します。

サムネイル

■第1位「席替えを失敗して盛り下がった」

合コンの重要なイベントでもある席替え。最近は、女性の幹事から席替えを促す合コンも多くなりました。その場合、絶妙な審美眼で気の合いそうな組み合わせにしてくれるのですが、ここで男性幹事が空気をよまずに「じゃ、席替え~」とでしゃばると、場が一気に盛り下がることも。「今日は向こうがやってくれそうな雰囲気だったじゃん!」と、幹事が一方的に責められていることも少なくありません。


■第2位「女性が触れられたくない話題を引っ張る」

楽しい合コンにするためには、女性に気分よくなってもらえるようホストに徹するのが男の役目。会話も弾むうえに、自分も気に入ってもらえます。にもかかわらず、女性が触れられたくない話を深掘りしてしまう男も。過去に、ダメ男にだまされた話なんかは最たる例。いくら女性が自虐的に話題に出してきたからとはいえ、自分で言うのと他人に突っこまれるのではわけが違います。「あそこはあれ以上掘っちゃダメでしょう~。女の子が引いてるの気付けよ!」と、集中攻撃に合うことになります。

このように、「反省会」では自分たちのミスを改め、次回の糧にしようとしているのです。とはいえ、当然ながら相手へのダメ出しも忘れません。


■第3位「容姿へのダメ出しはパーツ別」

なぜか男性は、女性のダメ出しをする際、パーツ別に語りたがる傾向があります。例えば、ちょっと唇が厚めの女性がいたら、「セクシーなのか試合後のプロレスラーなのか際どいところ」とはじまり、目の小さな女性には「似ている芸能人はホトちゃんだよな」と、目の細い芸能人を引き合いに出してダメ出し。中でも一番ダメ出しのやり玉に挙がるのが、「歯」。「かわいいけど歯並びがダメ!」などと、荒を探して盛り上がります。素直に「あの子がかわいい」と言えないのが男心。


■第4位「女性陣の態度の悪さを猛バッシング」

男性陣が合コン中、最も心が折れる瞬間が、女性にLINEを回される行為。同じタイミングでスマホを手にとったり、テーブルに置いたり。そんなことがあった瞬間、男性は気づかないふりをしていても、敏感に察知しています。反省会では、「女の返しがおもしろくないから、話題が広がらない」「LINE回しに気付いた時点で、話す気がなくなった」などと、自分たちの話術のなさを棚に上げて強気のバッシング。合コン中は誰ひとりとして言えないのに、当人がいないところでは強気なダメ出しが行われているのです。もしかしたら、「○○さん、あたし超タイプ!」なんてことを回してくれていたかもしれないのに......と思うのは都合よすぎる妄想ですが......。


■第5位「上から目線で女性をランク付け」

反省会では、なぜか上から目線になるのが男の性。酒が進むと女性陣を批評しだすことも少なくありません。たとえば、性格の悪さをダメ出しする時の決まり文句は「育ちが悪い!」。言葉遣いだったり、雑なしぐさだったり節々に垣間見える「女性らしくないしぐさ」に対しては厳しい意見が集まります。本当の育ちなんて分かるわけもないのに、女性を批判するのに便利な言葉として使われています。

 
一見、ひどい悪口ばかりを言っているように感じられますが、お気づきの通り"負け犬の遠ぼえ感"は否めないですね。しかし、男性はそれだけ本気で合コンに挑み、女性をしっかり見ていると捉えていただくことはできないでしょうか。そもそも、反省会自体、合コンがうまくいかなかった時に行われるものです。お気に入りの女性と出会えた合コンの後には、こうした反省会は開催されません。「男って!」と腹をたてずに、「男ってかわいい生き物」と寛大にみていただけたら幸いです。

(佐々木浩二+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ