ここから本文です

"世界一ハッピーな商店街"と呼ばれる写真が話題となってます。こちらが撮影されたのは、2012年、ポルトガルのアゲダという街にて。Patri'cia Almeida氏とDiana Tavares氏2人のアーティストによる作品で、「Agitagueda」という芸術祭でのインスタレーション作品だそう。

サムネイル

※この画像はumbrella series[Patri'cia Almeida]のキャプチャーです


色とりどりの傘が宙につるされ、まるで絵本に出てくる不思議な街のよう。とてもきれいなのだけれど、非現実的な光景はどこか人をワクワクさせるような感じもあって......。いつまでも見ていたい写真です!

季節は6月。雨の降る日も次第に多くなってきて、気分もめいってしまいそう。ジメジメした嫌な季節を乗り切るために、ほかにも見るだけでハッピーになれるようなカラフル画像を紹介していきます!

サムネイル
※この画像はHawaiingのキャプチャーです


こちらは、2012年に行われたハワイの"カラー・ラン"の様子。マラソンレースなのですが、一風変わっているのが"走者はカラフルなパウダーをふりかけられる"ということ。順位よりもエンターテインメントとして楽しむことを重要視するイベントだそうで、オーストラリアを始めとして世界各国で開催されているとか。皆さん、色の粉にまみれてマーブル模様になってしまっていますが、とても楽しげ。日本でも開催されないかな......なんて。

サムネイル
※この画像はBabbleのキャプチャーです


かわいい! ケーキやマカロンなど、お菓子は女子の大好きなモチーフ。こんなに見た目がかわいいと食べるのももったいないですね。着色料の量を考えると......だなんて野暮なツッコミを入れちゃいけません。女子は大好きなのです。

サムネイル
※この画像はIsmoyo's Vintage Playgroundのキャプチャーです


色とりどり&柄が満載でも、レトロな雰囲気だと落ち着いて見えますね。こんな部屋に住んでみたいな、このインテリア好きだななんて見ている間に1時間......。

サムネイル
※この画像はスタジオぴえろ/スタジオぴえろ魔法少女シリーズ公式サイトのキャプチャーです


レトロカラフルでもうひとつ!"レトロ"で"カラフル"といえば、スタジオぴえろの「魔法少女」シリーズでしょう!「魔法の天使クリィミーマミ」は30周年ということで、最近グッズがたくさん出ていますね。
でも「魔法の妖精ペルシャ」もペルシャのふわふわ水色髪にピンクの服の取り合わせもかわいかったし、「魔法のアイドルパステルユーミ」は、マスコットのかき丸とケシ丸のデザインが最高。白いふわふわの猫っぽい生き物に、差し色的にピンクと黄色が入ってるなんて......。
昔のアニメって、髪は水色で服はピンクで、いつも一緒のマスコットは緑で......なんて派手なカラーセンスなのに、画面がガチャガチャせず奇跡的にかわいいバランスのまま成立してるんですよね......。セル画のちょっとくすんだような質感が成せる業でしょうか......。

カラフルな色の取り合わせって、見てるだけでも元気が出ますよね。不思議。私も日々をより楽しく暮らすために、小物やらパソコンの待ち受けやらをどんどんカラフルにしていきますよ。いい年して痛いなんて言葉気にしません。幸せなら、それでいいのです♪

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ