ここから本文です

女性の水着姿は夏の風物詩。男性なら思わずテンションが上がってしまうものですが、反対に、「テンションが下がってしまう水着姿」はどのようなものなのでしょうか? そこで、20~30代の男性150人に「がっかりしてしまう女性の水着姿」をアンケートしてみました。厳しい男性意見を聞いてみましょう。

サムネイル

【がっかりしてしまう女性の水着姿は?】

■第1位 体形が...
「体がたるんでいる」(29歳)
「お肉に食い込んでる」(29歳)
「贅肉(ぜいにく)がはみ出している」(27歳)
「おなかが出ている」(20歳)
「背中の肉」(36歳)
「セルライトがある」(21歳)

やはり、体形を挙げる男性が大多数! しかも「背中の肉」や「セルライト」までチェックされていたとは......。

■第2位 露出が少なすぎる
「ボディラインを隠しすぎるもの」(24歳)
「上にパーカーとか着ている」(30歳)
「水着の上にTシャツ」(38歳)
「ハーフパンツを履いている」(36歳)
「おヘソが見えてない水着」(31歳)
「見るからにパットが入っている」(31歳)

せっかくの水着姿を隠されてしまっては、テンションが下がるのも無理ありません。しかし、女性側にも重ね着しなければいけない事情があることを察してほしいですね。

■第3位 無駄毛の未処理
「無駄毛がはみ出ている」(27歳)
「無駄毛の剃(そ)り残しがある」(35歳)
「毛の処理をしていない」(22歳)

プールサイドやビーチで剃(そ)り残しに気づいても、とっさに対策しようがありません。事前チェックをお忘れなく。

■露出が多すぎる
「過激過ぎる水着」(27歳)
「極端に肌を露出しているものでしょうか」(29歳)
「体格に合わない露出の多い水着」(38歳)

露出が少ないのもがっかりですが、多すぎるのも問題。ポイントは「体形に合うかどうか」のようです。

■水着のデザイン
「ヨレヨレのもの」(35歳)
「体のラインに合ってないデザインの水着姿」(37歳)
「フリフリしすぎている水着は小学生まで」(39歳)

男性たちは肌だけでなく、水着自体も楽しみにしているようです。水着を着るチャンスがある女性は、新しいデザインに挑戦してみてはいかがでしょうか。

男性の期待が高まる「女性の水着姿」。自分も思いっきり楽しめるよう、事前の準備はしっかり整えて水着を着たいですね。

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2013年5月23日~5月24日
対象:全国の20~39歳までの男女300人

(田中結/プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ