ここから本文です

夏といえば、海やプール。とはいえ、水着を着るのが恥ずかしいと感じる女性も多いのではないでしょうか。そこで、20~30代の女性150人に「水着を着るときの対応策」をアンケートしてみました。皆さん、どうやって水着シーズンを乗り越えているのでしょうか?

【自分の水着姿に自信はありますか?】

サムネイル
・はい......6%
・いいえ......94%

ほとんどの女性が「自分の水着姿には自信がない」という結果に......。しかし、海やプールに誘われて、どうしても水着を着なければいけないというシチュエーションも訪れます。そんなとき、女性はどのような対策を取るのでしょうか?

■第1位 水着の上に重ね着
「露出の少ない、体のラインが隠れそうなもの(パレオつきなど)を選ぶようにしている」(28歳)
「胸が小さいのでパット入りの水着を着ます。水中以外ではパーカーをはおります」(25歳)
「Tシャツなどを着て体形を隠す」(22歳)
「上にパーカーをはおったり、ショートパンツを履いたりして隠す」(28歳)
「太ももは隠す」(23歳)
「ズボンを履く」(33歳)

もっとも多かったのが、重ね着で体形を隠すというもの。しかし、せっかく水着になるシーンで「パーカー」や「ズボン」姿だと、テンションはあまり上がらないかもしれません。

■第2位 肉体改造に励む
「少しでもハミ肉が減るよう予定が決まった日から積極的にストレッチ&運動」(34歳)
「一週間ダイエット」(28歳)
「ダイエット、腹筋、ジム、食事制限」(25歳)
「直前は食事を控える」(25歳)
「ぜい肉を水着の中に押し込む」(24歳)
「おなかが出ないように力を入れる」(33歳)

自信がなければ、努力して体を変えようという前向きさがいいですね。もっと言えば、直前ではなく継続的に体を鍛えておきたいものです......。

■第3位 お手入れをする
「無駄毛処理」(29歳)
「気になるところの除毛」(30歳)
「気になるヒップラインなど、オイルなどで入念にお手入れ」(29歳)

普段お手入れしない部分も気にしなければいけないのが、水着のハードルを上げる原因かもしれません。

■第4位 拒否する
「無理です、と言う」(25歳)
「絶対に着ない」(36歳)

断固拒否する、という意志の固い女性も。そもそも、海やプールというスポットに近づかなければ水着にならなくて済みますね。

6月に入り、夏本番までもうすぐです。いざという「水着を着るとき」に向けて、今から対策をはじめておきましょう。

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2013年5月23日~5月24日
対象:全国の20~39歳までの男女300人

(田中結/プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ