ここから本文です

男性から口説かれるとうれしいですし、女として自信がつくもの。しかし、中には「なぜ私を口説いてくるの?」と疑問に思ってしまう口説き方も。そこで、20~30代の女性に「つい警戒してしまう口説かれ方」を聞いてみました。

サムネイル

■年下のイケメンから口説かれる
「年下のイケメンが『今度飲みに行きましょう!』と言うので、たびたび2人で飲むように。スキンシップもすごくて手をつながれることも。正直、私の見た目は地味だし、話もおもしろくなく、好かれる理由が分からない。口説いて落とすまでを楽しんでいるのかな、と思って警戒している」(27歳/医療)

あまりにイケメンだと警戒されてしまう可能性もあるよう。都合よく遊ばれてしまわないように注意すべきですが、もしかしたら単純に彼の好みであれば素直に受け入れても良いかもしれません。

■顔も見ていないうちから口説かれる
「取材をするために、あるメーカーの広報に問い合わせをした。取材も無事に終わり、お礼のメールを送ると、先方から『これも何かの縁だから食事に行きませんか?』とお誘いが。事務的なメールしかしていないし、まだ顔も見ていないのに......。単に社会人としての社交辞令だとしても、ノリが軽すぎる!」(28歳/出版)

気づかないだけで何か気に入られるポイントがあったのかもしれませんが......。この状況でデートに誘う相手は、確かに警戒したほうがいいですね。

■バカにしてくるのに口説かれる
「ある男性とデートをしたのですが、彼の趣味だという車のエンジン部分の専門的な話についていけずにいると『そんなに常識がなくて、大丈夫?』などとバカにされた。そのあとの会話も盛り上がらず解散し、もうこれっきりだと思ったのに『楽しかったね、次はどこ行こうか?』とメールが。何が楽しかったのか分からない」(30歳/飲食)

「上から目線でいられること」が好きな男性だったのかも......。どちらにしろ、そんなデート、今後は行きたくありませんね。

■紅一点状態で口説かれる
「英会話スクールに通っているのですが、5人中女性は私ひとり。男性たちが、私とペアを組む権利を争ったりして、ちょっとしたお姫様扱い。でも、スクールの一歩外に出たら私のことなんて見向きもしないんだろうな、と思って浮かれないようにしている」(30歳/メーカー)

争奪戦までするのに、「スクールの後、ごはんでも」と行動に起こす男性がいないのは、抜け駆け禁止令なのでしょうか?

男性に口説かれると、誰しも多少は舞い上がってしまうもの。しかし、浮かれすぎず、相手の真意をきちんと確かめたいですね。

(田中結/プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ