ここから本文です

もうすぐ夏、夏休みの計画を立てている人もいるのではないでしょうか。夏の代表的な行楽地といえば「海」と「山」。果たしてどちらのほうが人気なのか、20~30代の男女300人にアンケートを行いました。

サムネイル

まずはこんな質問。
Q. 夏休みの行楽地、海と山ならどちらに行きたいですか?
海......59,6%
山......41.4%

海派が6割近くを占めるという結果に。では、海派と山派、それぞれ行きたい理由は?

■海派の理由は?
「ダイビングが趣味なので」(39歳/男性)
「波音が好きなのと、景色がキレイだから。解放感がある」(39歳/女性)
「実家が山に近いため、海を見るとワクワクする! それに、海のほうがなんとなくロマンチック」(28歳/女性)
「大勢で海水浴やバナナボートで遊んだり、一人で魚釣りをしたり、いろんな楽しみ方ができるから」(26歳/男性)
「山に行くには体力がいりそう」(27歳/男性)
「女子の水着姿が見られる」(29歳/男性)

夏の太陽と青い海は、夏の醍醐味(だいごみ)のひとつであることは間違いありません。「山には虫がいるから」(26歳/女性)という理由で海を上げる方も多かったです。

■山派の理由は?
「今年の目標が富士山登山だから」(29歳/男性)
「草が揺れる音や澄んだ空気に囲まれていると、心身ともにリラックスできるから」(30歳/女性)
「キャンプが好きだから。トレッキングなどアウトドアが充実している」(27歳/男性)
「海は日焼けが怖い」(29歳/女性)
「水着にならなくていいから。泳げないし......」(24歳/女性)
「海へ行く道ほど渋滞しなくて、静かに過ごせる感じが好き」(26歳/女性)

のんびり過ごしたい人には山が人気のよう。緑いっぱいの爽やかな空気の中にいると、夏の暑さも忘れてしまいますよね。山ガールブームもあってか、女子人気の高さが目立ちました。

理由はさまざまですが、海にも山にも、それぞれの良さが盛りだくさん。今からじっくり計画を立てて、楽しい夏の思い出を作りたいですね。

(板橋不死子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ