ここから本文です

8月に入り各地で本格的な猛暑となっています。そんな酷暑に癒やしと潤いを与えてくれる冷た~いスイーツたちをセレクト。絶対に外せない老舗から7月オープンの新店まで、この夏注目のお店を紹介します。

■「しもきた茶苑大山(ちゃえんおおやま)」(東京・下北沢)>>

サムネイル



「しもきた茶苑大山(ちゃえんおおやま)」は、全国に数人しかいない茶師十段の資格を持つ店主が営むお茶屋さん。
絶対外せないのは抹茶かき氷! お茶の味を満喫してもらうためにあえてシンプルに作ったという抹茶シロップは"お茶屋さんだからこそできる味"とお店も太鼓判を押しています。

■「ひみつ堂」(東京・千駄木)>>

サムネイル


メニューはなんと日替わりで132種類。「いちごみるく」「抹茶ミルク」といった定番だけでなく、「生メロン」「懐かしキャラメル」「谷中のやまもも」など変わりダネまで......。自家調合のシロップは、フルーツの味がぎゅっと凝縮。シロップの濃い甘みを天然氷がきりっと引き締めています。

■GLACIEL(東京・表参道)>>

サムネイル


7月にオープンしたばかりの、アイスケーキ"アントルメグラッセ"と、作りたてアイス"生グラス"の専門店。
アントルメグラッセの断面まで計算された美しさは、食べるのがもったいないほど。
生グラスは新鮮さがモットーで、その日に作ったものはその日の内に売るのが原則。出来立ての濃厚さに、アイスの価値観が変わるかも?

■「Gelateria Marghera(ジェラテリア・マルゲラ)」(東京・麻布十番)>>

サムネイル


こちらも7月オープンの、イタリア・ミラノの人気ジェラート店。モデルのローラもファンだとか。
旬の素材を使ったジェラートは、そのまま食べるのもいいけど、アレンジを加えたスイーツの中で楽しむのもオススメ。ビスケットでジェラートを挟んだ「ビスコッティ」に、ジェラートと季節の果物を使ったパフェ「ドポチェーナ」とどれにしようか迷いそう。

■「自由が丘ソーワアイス」(東京・自由が丘)>>

サムネイル


創業約60年の老舗アイス店「SOWA」(東京・神谷町)の姉妹店。自家工場から直接卸すアイスクリームは、あっさりとした甘味で、どこか懐かしい味わい。
約20種類のアイスクリームに、「エスプレッソ・アフォガード」、バニラソフトに好みのリキュールを注いで食べる「リキュール・アフォガード」やワッフルなどメニューはさまざま。期間限定メニューが充実しているのでリピート確実!

■「フルーツパーラーゴトー」(東京・浅草)>>

サムネイル


創業60年余の老舗青果店が営むフルーツパーラー。フレッシュなフルーツを使ったパフェが楽しめる。
国産の果物がグラスから溢(あふ)れんばかりにのせられたパフェは、アイスもソースも自家製の一品。「本日のフルーツパフェ」の果物は旬のものを使っているので、ときには「スイカのパフェ」なんてちょっと珍しいメニューも。

■「ウッドベリーズ」(東京・吉祥寺)>>

サムネイル


ヘルシースイーツとして注目を浴びているフローズンヨーグルトの専門店。
シャリシャリした瑞々(みずみず)しい食感に、さっぱりした後味。ヨーグルトの酸っぱさとフルーツの甘さが互いを引き立てる! スッキリした風味なので、甘いものが苦手な人にもオススメ。

暑い日こそ美味しく食べられるスイーツたち。お出かけした際には、ぜひ立ち寄ってみてください!

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ