ここから本文です


生涯のパートナーを見つけ、永遠の愛を誓い合い......。幸せそうな結婚生活を送っている既婚女性でも「独身に戻りたい!」と感じることもあるそうです。どんなときにそう思うのか、既婚女性の本音を聞いてみました。

サムネイル

■旦那の家族との折り合いが合わないとき
「姑やしゅうととの折り合いが合わないとき。子づくりや、家計のことなどデリケートな部分に意見を言われることが多いことから、付き合い自体がストレスになることが少しある。自分たちだけの世界で恋愛していたころは気楽だったなぁ、と」(31歳/結婚3年目/子どもなし)

結婚後は、相手方の家族や親戚との付き合いも濃密になってきます。喜びや楽しみが増えることも多いですが、ときにはストレスの種になってしまうこともあるのかも。

■独身の友人の気ままな生活を垣間見たとき
「FacebookなどのSNSで、独身の友人の楽しそうな投稿を見たとき。二人の小さな子どもがいて、自分の時間や自由に使えるお金がないので特に思います。おしゃれなお店で女子会をしたり、時間を気にせずガールズトークをしたり、海外旅行に行ったりしたい」(29歳/結婚5年目/2児の母)

独身には独身なりの悩みやさみしさがあるもので、子持ちの友人の投稿を見てうらやましくなることもあるものですが......。

■旦那が冷たいとき
「仕事や付き合いで毎晩帰りが遅い旦那。帰宅しても会話がなかったり、休みの日も夫婦のコミュニケーションがないときなどは寂しくなります。旦那のことは大好きだけど、不満がつのると『昔は良かったなぁ』なんて思ってしまうことも......」(32歳/結婚2年目/子どもなし)

苦楽をともにする結婚生活が始まると、こんな思いがよぎることも、ときにはあるのかもしれません。

■食事以外座ってないことに気付いたとき
「パートと子育てに追われる毎日。とにかくゆっくりする時間がなくて、子どものことや家事で、気づくと一日のうちに食事のとき以外腰をおろしていない、なんてこともザラ。そんなときは『ああ、独身に戻りたい』なんて弱音を吐きたくなってしまうこともあります。でも、本気で悩んでいる時間はないです(笑)」(33歳/結婚5年目/2児の母)

日々のハードスケジュルをこなしている皆さん、尊敬します。守るものがある人は強いですね。

■自分がオバサン化していると思ったとき
「鏡にうつる自分を見て、『オバサン化してる!』と思ったときは切なくなります。独身時代は、美容に時間やお金を使っていた方だったので。旦那のためにもキレイな奥さんでいた方が良いと思うので、もう少し頑張ります」(31歳/結婚3年目/1児の母)

出産後はいそがしい上、子どもへの衛生面の心配もあるので、化粧の頻度を下げる人も少なくありません。それはそれで、母親としての本能なのかも。

結婚生活を送る中で、こんな思いを抱えている女性も少なくないよう。ですがそれも「家庭」という安定した居場所があるゆえの悩み。適度な悩みや不満もないと、張り合いもないと思うので、あまり深刻にならずに充実した結婚生活を送りたいですね!

(桜まゆみ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ