ここから本文です

同性とのけんか。大人になるにつれてそんな機会も少なくなりますが、口が達者になった大人だからこそ、言い過ぎて取り返しがつかなくなることも。女性同士のけんかで言い放った最悪な一言を聞いてみました。

サムネイル

■男性経験を持ち出す
「お金にだらしない彼氏と付き合っていることについて、友人から説教をうけているときのこと。『男性経験少ないくせに!』と逆切れしてしまいました」(28歳)

自分のことを思って話してくれているにも関わらず、この発言はいただけませんね。これを言われたら何も言えなくなってしまいそうです。

■一緒に来るんじゃなかった
「友達と海外旅行に行ったとき、ささいなことでもめてしまいました。頭にきて『一緒に来るんじゃなかった!』と言ってしまいました」(31歳)

せっかくの旅行を台無しにしてしまう前に、落ち着いて話し合ってみましょう。

■自己中呼ばわり
「相談したくて友達を呼び出しました。話してみると、"でも""だって"と反論ばかり。『○○ちゃんっていつも自分のことばっかりだね』と口が勝手に動いてしまいました」(25歳)

悩んでいるときは同意してほしいもの。しかし、相談相手を自己中呼ばわりしてしまうと、次回以降、話を聞いてもらえなくなってしまうかもしれません。

■冗談めかしたけど......
「W不倫ならぬW浮気をしていた友達と恋バナをしていたとき。私が『今、いい感じの人が2人いる』と言うと、どんな人か聞く前に『両方やめたほうがいい』と言ってきたのでカチンときて『それはあんただよ!(笑)』と冗談めかして言うと、それ以来疎遠になってしまった」(27歳)

頭ごなしに否定されると、ついカチンときてしまうこともありますよね。

■全否定?
「貸した本をなかなか返してくれない友達。家に遊びにいったとき、テレビの土台にされているのを見て『人としておかしいよ!』とその子自身を全否定してしまった」(25歳)

大事にしていた本なら怒ってしまうのも無理はありませんが、全否定するのはさすがにかわいそうです......。

■お金を要求?
「男関係がルーズな友達。夜中3時に電話をかけてきて『泊めてもらうつもりだった男とけんかしたから、そっちに泊まっていい?』と聞いてきた。睡眠を邪魔されたこともあり『私の家はホテルか! だったらお金を払え!』と言ってしまった」(28歳)

結局友達を(無償で)泊めてあげたそうですが、睡眠を妨害されると怒ってしまう気持ち、すごく分かります。

怒りにまかせてそのときの感情で発言してしまうと、けんかが勃発するばかりか、今後の友情にまでヒビが入ってしまいます。大人になると気持ちをぶつけ合うことは少なくなってしまいますが、自分の気持ちをうまく相手に伝えられるといいですね。

(船橋麻貴+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ