ここから本文です

好きな男性に「気が利く女性」だと思われればうれしいもの。いろいろな場面で自分の「デキる」アピールをする女性も少なくないでしょう。ただし、そのアピールの中には、それほど男心に響かないものもあるかも。20~30代の男性に「プラスにならない女性の気配り」を聞きました。

サムネイル

■素早く料理を取り分ける
「社交的な印象は受けるが、気が利くとは思わない。なので料理を取り分けない女子を見ても、特にマイナスにならない」(33歳)
「『それぞれで取って食べればいいよね?』と言ってくれる女性の方が好印象」(29歳)

よく飲み会では「あ、取り分けた方がいいよね?」と頑張ってくれる女性がいますが、そこに気を割く必要はなさそうです。

■お酒の席で飲むペースをやたら心配する
「過剰に『飲み過ぎじゃない?』と心配する女性はイヤ」(29歳)
「飲もうとする人に対し『大丈夫? 明日朝早いんでしょ?』と忠告するのは最悪」(31歳)

これは飲み会(合コン)における意見という感じですね。男性からすると「なぜ水を差すんだ!」という感じでしょう。

■お店の前で待ち合わせ
「最初のデートのとき、『場所分かるから』と女性にいわれてお店の前で待ち合せるのは微妙。駅から店まで歩く間にリズムを作っておきたい」(23歳)
「店前で合流してすぐに入店するのは味気ない」(28歳)

筆者(男性)も、待ち合わせ場所は目的地から離れているべきだと思っています。男には男なりのペースがありますから。

■こまめに洗ったり拭いたりする
「あまりにきれい好きだと、大抵の男は逆に気を使うのでは?」(31歳)
「飲食店で、ちょっとお皿が汚れているくらいで取り換えさせる女性とは、付き合ってもうまくいかない気がする」(30歳)

ある程度がさつな女性の方が、男性にとっては気が楽ということでしょうか......。

■新しい洋服や髪型の変化に気付く
「髪型を変えた理由を聞かれても、恥ずかしかったり大した理由がなかったりで、微妙な返ししかできない」(24歳)
「『新しい靴買ったんだね』と突然言われても、どうリアクションすればいいか分からない」(29歳)

確かにこういう話題が苦手な男性は少なくないかも。とはいえ、髪型が変わったのに一切触れられないのは、それはそれで切ないと思うのですが...

筆者の周りの男性に話を聞いてみると、「気が利くかどうかはあまり重要ではない」という声が多数ありました。それよりも容姿や価値観、あるいは会話の楽しさが重視されているようです。そう言われても、容姿や価値観を変化させるのは大変だと思いますが......。

(有井太郎+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ