ここから本文です

世界最大規模のアニソンフェス「Animelo Summer Live(アニメロサマーライブ)」(以下、アニサマ)が今年も開催されました。その盛り上がり方はすさまじく、「多くのライブやフェスに行ったけれどアニサマが一番」という意見もあるほどなんです。

サムネイル

((C)Animelo Summer Live 2013/MAGES.)



アニサマは、2005年より毎年夏に開催されているアニソン限定のライブイベント。今年の「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」(アニサマ2013)は8月23日、24日、25日と、9年目にして初の3日間開催となりました。

チケット即完売の人気イベントでありながらさらに勢いを増す、そんなうわさのイベント「アニサマ2013」の1日目、2日目の様子をレポートします!

■5時間、座り見ゼロ!?

アニサマの大きな特徴は、"座り見がほぼゼロ"ということ。全席指定にも関わらず、誰も座席に着かず約5時間(うち休憩20分)もの時間を立ちっぱなしで過ごします。しかもただ立っているだけではありません。曲にコールを入れたり、ジャンプしたり、ペンライトを振ったりとノリノリ。さいたまスーパーアリーナの客席が数万のペンライトで光の海と化している様子は、圧巻の一言。

人気のアニソンが聴けるということももちろんですが、「自分たちもステージの一員」という熱い観客たちの存在も、アニサマが愛される理由のひとつです。

では、具体的にどこがどのように熱かったかというと......。

■ももクロがキン肉マンコスプレで決闘申し込み

ももいろクローバーZは、アニサマへは2年ぶりの出演。アニソンフェスというアウェーな場でありましたが、歌手・串田アキラさんのステージに乱入&ボディブロー&決闘申し込み! しかも百田夏菜子がキン肉マン、玉井詩織がテリーマン、佐々木彩夏がウォーズマン、高城れにがラーメンマン、有安杏果がジェロニモのコスプレ姿で観客一同爆笑。「この曲で勝負だ!」と、ステージの特設リング上で「キン肉マン」OPの「キン肉マンGo Fight!」を熱唱しました。

■出演者、曲に合わせてライトを振る

2日目、初出演にもかかわらず強いインパクトを与えたのが"すみぺ"こと声優・上坂すみれ。共産趣味かつロシアをこよなく愛する彼女は、はためく赤旗の映像と「同志諸君」と力強く訴える演説とともに、ライフルを抱えてロリータファッションで登場。デビュー曲「七つの海よりキミの海」を歌い上げ、会場がすみぺのイメージカラー・赤の光で真っ赤に染まりました。

そうそう、実はアーティストや曲によってイメージカラーが大体決まっているのです。なので客席が一色で染まったり、逆にユニットの場合は自分の"推し"のイメージカラーのライトを振るので色とりどりの光に包まれたりして、ステージを見るつもりが客席の美しい輝きについ気を取られてしまった......なんてことも。

■演者&観客で「ジーク・ジオン!」

Angelaは、芸歴10年だけあってMCも手慣れたもの。サビでの振り付けにウェーブと、観客をどんどん動かします。ギターのKATSUが、「機動戦士ガンダム」の劇中のせりふ「諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ! なぜだ!」を叫ぶと、観客もすぐに察して「坊やだからさ!」とレスポンス。「ジーク・ジオン!」の合唱も起こり、このようにアニメの名言が飛び出すのもオタクにはうれしいところ。

そして2日目のトリは、GRANLODEO。「Go For It!」では、「全員言わないと帰さないよ」とvip席にまでコールを求めていたので、筆者も思わず記者席から参加。この盛り上がりの中、黙って座って見ているほうがつらかったんですよ~!

■知らない曲でも安心

「かなりアニメを知らないとアニサマは楽しめないんじゃ......」という心配はごもっとも。ですが、どうコールすればいいかモニターで教えてくれるし、ライトの色だって他の人を見れば大丈夫。また、NoB、山本正之といった大ベテランは、中川翔子や七森中☆ごらく部、アフィリア・サーガら若手とコラボするなど、若いオタクと古株が一緒に楽しめる仕組みになっています。

ただ非常に盛り上がるイベントだからこそ、テンションが上がりすぎて、"厄介"と呼ばれる迷惑行為におよんでしまう人も......。鈴木このみの出番ではステージに向かって通路を走る人々が現れ、物議を醸しました。楽しみ方は人それぞれですが、他の人が楽しむ邪魔をしていないかという点に注意ですね。

3日目も1日、2日目に負けず劣らず盛況だった模様。アニソン好きなら絶対楽しめる! もしかしたらアニソンを知らなくたって楽しめる!? 来年2014年のアニサマは、8月29日、30日、31日に開催。最高の夏の思い出が作れること間違いなしですよ!

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ