ここから本文です

日本を舞台にしたアクション映画『ウルヴァリン:SAMURAI』の来日記者会見が29日、東京・目黒の雅叙園で開催。主演のヒュー・ジャックマンが、真田広之、TAO、福島リラ、そしてジェームズ・マンゴールド監督とともに出席した。

サムネイル

ウルヴァリンといえば、突然変異により超人的能力を身に付けたミュータント集団が活躍する『X-MEN』シリーズの人気キャラクター。『ウルヴァリン:SAMURAI』は『X-MEN』のスピンオフ・シリーズ第二弾となる。シリーズでの全世界興行収入が22億ドルというヒューにとっての"出世作"だ。

ひげをたくわえ、腕から出し入れ可能な鋼鉄のツメを持つウルヴァリン。演じるヒュー自身もまた筋骨隆々のマッチョマンで、大の親日家とは聞いていたもののやっぱり普段からコワモテで近寄りがたいのか......。と思いきや、会場に現れるや否や大きく手を振り笑顔であいさつしたヒュー。畳の敷かれた純和風の会場に興奮し、覚えたての日本語で「この部屋は"ヒューヒュー!"だ!」と喜ぶなどチャーミングな一面を披露した。

サムネイル

「日本では(自身がジャン・バルジャンを演じた)『レ・ミゼラブル』が世界中のどの国よりも興行収入が良くて、まずはそのことについても感謝の気持ちを伝えたいと思います。そして、今回の映画『ウルヴァリン:SAMURAI』では、親友のマンゴールド監督と共に日本で撮影をおこない、ここにいる素晴らしい俳優さんたちと仕事ができたことを心から光栄に思います」
と、あいさつも紳士的で会場を魅了した。

北海道や京都へ旅行するなど、来日するたび日本を満喫しているというヒュー。今回もロケ地の近くで釣りをしたり、2日間オフをもらって息子と富士山へ登ったりと充実した日々を過ごしたようだ。
「今回、特にビックリしたのは、『ウルヴァリン:SAMURAI』の脚本の中に登場する"ラブホテル"。『わあ、こんなアメイジングな場所を思いつくなんてすごいね!』って感心していたら、なんと日本には実際にそういうラブホテルがたくさんあるって聞いてとてもエキサイティングだった。もちろん、撮影の前にちゃんとリサーチもしてきましたよ」
とコメントし、会場を笑わせた。

サムネイル

作品の中では、敵役の真田広之と壮絶なアクションを繰り広げるのだが、「一戦を交えたあとの感想は?」の質問にヒューは
「ヒロユキは日本の国宝だから、傷つけたら大変だと思ってとても緊張しました。『X-MEN』本編のときは2人ほどケガさせちゃったから、今回は無事に終わって心からホッとしています」
と茶目っ気たっぷり。すると真田も
「僕もオーストラリアの国宝を傷つけなくて本当によかったです。特にヒューは上半身裸で戦っていたから、剣が当たらないように細心の注意を払いました。ケガさせたら世界中のファンに殺されますから(笑)。その緊張感が、あのシーンの出来につながっているのかも」
とジョークで応じて会場を沸かせた。

サムネイル

TAO、福島リラら女優陣からも
「演技経験のない私たちに真摯(しんし)なアドバイスをくれたり、現場ではクルー1人1人に声をかけたり、あれだけキャリアを重ねた大俳優なのに、人間的にも本当に素晴らしくて感動しました」
と絶賛の声が上がったヒュー。記者会見の最後には、
「今日の会見を仕切ってくれた、黒子(マイクランナー)の2人にも感謝したい! まるでマット・デイモンとベン・アフレックのように、息の合ったところを見せてくれましたよね?」
と記者やカメラマンに問いかけるなど、終始ヒューのユーモアと人柄がにじみ出る会見となった。

サムネイル
サムネイル
サムネイル

ウルヴァリン:SAMURAI』は9月13日より公開。

(取材・撮影/黒田隆憲@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ