ここから本文です

社会人になると、毎年少しずつ増えて行く後輩たち。その後輩たちとの付き合いが難しいなあ、と感じたことはありませんか? 特に、ちょっと生意気な後輩がいたとき。なぜか先輩である自分に対して「この仕事やっておいてもらえますか?」「○○さんって仕事できるほうですよね」などの発言をしてくると、イラっとしますよね。そんな後輩たちにくぎを刺すにはどうすればいいのでしょうか。皆さんが実践している方法について聞きました。

サムネイル

■優しくし過ぎない
「入社してきたばかりの子に丁寧に教えていたら、気が付いたらタメ口を使われるようになっていた。一度、仕事面で怒ったら敬語に戻ったので、なめられていたんだと気がついた。優しくするだけじゃダメなんだと実感」(29歳/女性)

できればあまり怒りたくないものですが、怒らないと気がついてもらえないことも多いようです。

■ムキにならない
「年下の生意気な発言に対してムキになるのは大人げない。生意気なことを言ってこちらの対応を楽しんでいる場合もあるので、聞き流すのが一番」(31歳/男性)

わざと生意気なことを言っているのだとしたら、それはそれで腹が立ちますが、そこはグッとこらえるのが先輩として正しい対応なのでしょうか。

■実力の差を見せつける
「口でとやかく言うよりも、態度で示すのが一番。それなりの成果をあげていれば、生意気な態度をとってくるような人は現れません」(27歳/女性)

実力の差を見せつけられないなら、生意気なことを言われても仕方がないと思え、という意見。まずは自分が「仕事ができる人」になるほうが先決のようです。

■部長にも同じこと言える?
「『先輩って仕事できるほうだと思うんですよね、私から見て』という後輩に、同じことを部長にも言えるか聞いたら黙った。自分が生意気で失礼なことを言っている、という自覚さえない子が多い」(30歳/女性)

生意気なことを言っている自覚もないようでは、対策の施しようもありません。どんなことが生意気で失礼なのかを教えるところから始めないといけないようです。

生意気な態度で傷つけられたときは黙って我慢してしまいがちですが、そのままにしておいては、後輩にとっても自分にとっても良いことはありません。思い切って一度行動を起こしてみることが、お互いのためなのかもしれませんね。

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ