ここから本文です

「自分のことが大好き」というニュアンスで使われる「ナルシスト」。ナルシストな男性を苦手に感じる女性は多いと思いますが、ではいったいどんなところに「男のナルシスト」を感じるのでしょうか? 20~30代の女性に調査しました!

サムネイル

■窓に移った自分をチェック
「ショーウィンドウの前で立ち止まって、自分の姿を細かく見ているとき」(22歳)
「鏡はもちろんだけど、自分がどこかに映るたびに見ている人は相当ナルシスト」(27歳)

これはイメージしやすい意見。サラッとチェックするくらいならいいとは思いますが、やり過ぎは嫌ですよね。

■「俺はさー」の連発
「自分の話ばかりする人。どんな話題でも『俺はさー』と持っていかれるとイライラする」(30歳)
「ある意味、空気が読めないからタチが悪い。『お前にそんな興味ねえよ!』と言いたくなる」(29歳)

これはナルシストと同時に、性格的なマイナスイメージももたらしてしまいますね。筆者(男性)も「俺はさー」を使うときは慎重にします。

■マイクの持ち方
「マイクの持ち方が変わっている人は、ナルシストなイメージ」(24歳)
「いまだにマイクの下部を上げ気味にして歌う人がいる」(30歳)

ささいなクセですが、「それだけで好意が冷めるかも」という厳しい声もありました。

■髪を切ったことを話す
「男子で髪を切ったことを報告する人はあまりいない。だからこそ、自分から言う人はちょっとナルシストな印象を抱く」(31歳)
「実際には髪型にこだわりがあったとしても、男子はそれをあまり言わないでほしい」(29歳)

確かに、自分に自信のない筆者(男性)は、髪型のこだわりなんて話せません......。

■露出度の高さ
「Yシャツのボタンを外して、はだけさせている人」(29歳)
「夏にタンクトップ1枚で出歩くのは、自信がないと出来ないのでは?」(30歳)

男性にとって露出度は要注意ですね。鍛えた筋肉はさりげなく見せるのが良さそう。

男性にとっても、自分にナルシストのイメージが付くのは嫌なもの。ただ、自分が知らぬ間にナルシスト的な行動を取っている可能性もありますので、もし彼氏がそんな行動をしていたら、うまくアドバイスしてみてください。

(有井太郎+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ