ここから本文です

数年前から言われ始めた「おひとりさま」という言葉。一人でもさまざまなところへ出かけられる人を指す言葉ですが、一人で行ける場所には限度があるもの。「たとえおひとりさまブームでも、一人では行きたくない!」という場所を、今回は女性の皆さんに聞きました。
(調査対象:全国の15~99歳までの女性150人)

サムネイル

こんな質問をしてみました。

Q.次のうち、一人では行きたくない! という場所を教えてください。

・ラーメン店...70 人
・国内旅行...76 人
・コンサート、ライブ...80 人
・回転寿司...94 人
・牛丼店...97 人
・海外旅行...113 人
・スポーツ観戦...118 人
・ホテルビュッフェ...121 人
・大衆居酒屋...134 人
・焼き肉店...140 人

一人では行きにくいとされている場所のうち、「ラーメン店」なら過半数以上は行けると回答。また、ハードルの高そうな旅行も、国内に限定すれば過半数近くが一人で行けると回答しました。回答の中から、いくつか特徴的なものを紹介します。

「牛丼店は時間帯と立地による。学生街の牛丼屋なら入れるけど、オフィス街の昼間は、おじさんだらけで無理だった」(26歳/情報技術(IT))

「女性が多く、きれいなラーメン店なら入れる」(31歳/団体)という意見も。要は店の雰囲気次第ということですね。

「回転寿司は目の前のレールがパーティション代わりになるので、意外にいける」(30歳/証券)

筆者(女性)は以前一人で回転寿司屋に行った際、なぜか6人掛けのテーブル席に通されたことがあります。何かの罰ゲームのような気分になりました。

「よく一人で焼き肉に行くけど、焼けるスピードに食べるスピードが追いつかず、焦がすことがある」(29歳/広告)

一人で悠々と食事を楽しむはずが、急いで食べなければいけない羽目に......。一人飯はペース配分が重要なようです。

「海外旅行に行く。最初は、『近場で日本語が通じる』という理由で韓国に行っていたけど、そのうち『違う国でも行けるのでは』と思いはじめ、トルコやアメリカに行くようになった。観光より買い物目的なので一人の方が楽」(28歳/商社)

友達と海外旅行に行ったときは、自分の見たい店に行けなかったり、じっくり見られなかったりしますよね。自分の買い物に時間をかけられることは、一人旅行だけの醍醐味(だいごみ)かも。

また、「高級レストラン」(141 人/150人中)、「遊園地」(142 人/150人中)、「ボーリング」(143 人/150人中)に行けないという結果も出ました。筆者はむしろ一人で行けると回答した人がいたことに驚きを隠せません。ともかく、周囲の目を気にしなければ、一人でできないことは何もないのかもしれませんね。


【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2013年9月20日~9月21日
対象:全国の15~99歳までの女性150人

(山本莉会/プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ