ここから本文です

整った容姿だけでなく天然な言動でも人気の女優・能年玲奈の、おかしくもかわいい発言を集めました。

サムネイル



NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロイン・天野アキ役を演じた能年玲奈。透明感あふれる清楚(せいそ)な容姿もさることながら、人気の秘密は、その世間ズレした言動。数々の不思議発言で共演者をタジタジにさせる姿は、「天野アキそのまま!」と称賛されています。

■「殺されないために黒目が大きいんです」

7日にフジテレビ系「笑っていいとも!」に出演した際は、スタジオに登場するなりキョロキョロ......。タモリに「色白いね」と褒められたら、しばらく間が空いてから、「......でもファンデーション」と恥ずかしそうにつぶやき、「そりゃ塗るでしょう」と突っ込まれていました。「目がキラキラしてるね」と言われると、また数秒の後、「渡辺えりさんに言われたんですけど、小動物みたいに殺されないために黒目が大きくて......」と"?"なコメント。これにはタモリも「殺されそうになったことがあるの?」と困惑。

その後も、能年の"ゆっくり不思議トーク"は炸裂(さくれつ)しっぱなしで、タモリがズッコケる一幕も。ですが、客席からは能年の一挙一動に「かわいい!」と声が上がっていました。

ひとつひとつ考えて言葉を紡ぐせいか、能年の話すスピードは、テレビにあるまじきスローさ。そんな「変だけど、一生懸命なのは伝わる!」という能年のキャラにはいろいろな人がメロメロに。芸能人だってご多分にもれず、ナインティナイン・岡村隆史や南海キャンディーズ・山里亮太、さまぁ~ず・三村マサカズもラジオやTwitterなどで「能年ちゃんかわいい」と発言しています。

■「興奮で鼻息が荒くなりました」

昨年7月に行われたヒロイン発表会見のときから不思議でした。「(ヒロインに決まった)興奮で鼻息が荒くなって、その勢いで空も飛べちゃうんじゃないかって......」「(岩手県は)名前の通り、岩のようにゴツゴツした形ですてき」と珍発言のオンパレード。こんなおっとりした子が、アキちゃんなんてテンション高めのキャラクターを演じることになるとは......。

■「家では生ゴミみたいです」

9月20日NHK「あさイチ」での"生ゴミ"発言は有名です。キャスターを務める井ノ原快彦に「家ではどうしてるの?」と尋ねられ、「だらーっとしてて......」と考えた末に「生ゴミみたいです」とポツリ。井ノ原も有働由美子アナウンサーも「生ゴミってどういうこと!?」と仰天していました。

■「皆でかみさまごっこをしました」

サムネイル

もちろんブログも能年ワールド全開。9月13日は、「ダンスレッスンの合間、皆でかみさまごっこをしました」とGMT女優陣と不思議なポーズをキメた写真を公開。「リーダーのかみさまは、輪切りになったり横に倒れたりみじん切りになったり色んな楽しみ方ができます」って、どういう遊び......?「私は、勘違いしてる、と叱られました」、叱られるほどルールがしっかりしている遊びなの!? なんと結局最後まで"かみさまごっこ"の説明はないまま、「また皆とかみさまごっこしたいなー」と話が終わっています。

■能年玲奈は、キャラを作ってる疑惑?

もしかしたら天野アキよりも不思議な能年玲奈。しかし、ネット上では、"キャラ作り"疑惑が浮上しているようです。

ブログを数年前までさかのぼると、確かにそのギャップに驚きます。例えば2007年4月、モデルになった直後のエントリーでは「もうすぐやなぁ!! nicolaオーディション!!(*0∀o艸)やりたいっておもたらいっとかな!!(*◎'U`pq)+゜」と顔文字満載。「あたってあたってあたりまくれ☆(笑)」「デモ,ほんまに今思ったことゎやっとかないと,後悔するで!!」......あ、あなたは誰......?

当時の雑誌画像まで持ちだして、「能年ちゃんは本当はサバサバしたギャルっぽい子なのでは?」と"キャラ作り"説を唱える人もいます。真相は不明ですが、「天然だろうが、ぶりっこだろうが、かわいいからいいんだ!」という意見が大多数の模様。うーん、やっぱりかわいいって正義なんですね。

また、「これだけ魅力ある性格を演じられるなんて、女優の才能があるってことじゃん!」とポジティブな声も。どうやら能年玲奈の愛らしさの前では皆が"あまちゃん"になってしまうみたいです。

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ