ここから本文です

彼女にあげた、ぬいぐるみや指輪などのプレゼント。付き合っている間は部屋の目立つ場所に飾ってくれていたり、肌身離さず持っていてくれたりと大事に扱われても、別れてからはどうなってしまうのか分からないものです。150名の女性の皆さんに、元彼からもらったプレゼントの「その後」について聞きました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

まずはこんな質問から。

■Q. 元彼からもらったプレゼント。置いていますか? 捨てていますか?
置いている...78%
全て捨てている...22%
※「物によっては捨てている」...52%

意外にも、置いている派が圧倒的な数を占めました。皆さん、もらった物は大切に取っている......と思いきや、置いている派のうち、「物によっては捨てている」という人は52%にも上ることが判明。どのような基準で捨てられ、残されるのかが気になるところです。
では、置いている派、全て捨てている派、物によっては捨てている派それぞれの理由を聞きました。

>>男性に聞いた「彼女からのプレゼント、その後」。捨てている派は○%!


■置いている派
「捨てる手間も面倒なので」(34歳)
「物を捨てられないタイプだから」(29歳)
「物に罪はない」(30歳)
「高価だったから」(39歳)

「プレゼントもその人との思い出だから」(24歳)という感動的な意見が多く集まるのでは、と思ったのですが、なんともドライな意見が集まってしまいました。元彼が事実を知ると涙が出てしまいそうです。

■全て捨てている派
「新しい彼ができたから」(28歳)
「旦那にも捨ててほしいから、自分もとっておかない」(27歳)
「忘れるため、踏ん切りつけるために捨てた」(26歳)
「良い思い出も別れると全部嫌な思い出になるから」(25歳)
「思い出すのもうっとうしいから」(24歳)
「いつまでも残しておいても見ることはないので」(36歳)

全て捨てている派には、新しい彼ができたことや結婚によって捨てたという人が少なからずいるよう。思い出は大切でも、今の恋愛に支障をきたすなら捨ててしまった方が賢明と判断されているようです。

■物によっては捨てている派
「高価なものは置いておくが、思い出がつまっている物は捨てる」(27歳)
「衣服やアクセサリーは着用していて、手紙などは処分している」(28歳)
「ゲームや家電など、使えるモノは使います! ただ、アクセサリーは捨てます」(32歳)
「明確な基準はないが、紙でできているものは捨て、それ以外は置いておく」(27歳)
「もらったアクセサリーで、年齢にもそぐわなくなったものなどは捨てた」(27歳)
「物に罪はないので基本的には置いてあるが、名前やイニシャルがついているものは捨てている。旦那が見つけたらなんか嫌だろうなと思うので」(33歳)
「ぬいぐるみは捨てるのがかわいそうなので残している。プリクラは切り刻んで捨てました」(25歳)

人によって捨てるもの置いておくものの基準はさまざま。思い出があるから捨てる、思い出がないから捨てないなどの考え方には、個性が出やすいところかもしれませんね。ただ、ぬいぐるみを捨てるのはかわいそうなのに、プリクラを切り刻むことに躊躇(ちゅうちょ)がないのはなぜなのでしょうか......。

また、なかには「捨ててはいないけど、普段使いもせず、家で保管している」という人もいました。
置き場所について聞いてみると、「押し入れの箱の中」(25歳)や「シューズケースにまとめて入れて、実家の押し入れで保管」(25歳)、「箱に入れ、クローゼットの奥の方にしまっている」(29歳)と、なぜか箱に入れて保管しているという意見が多数集まりました。彼女の家で怪しげな箱を見つけた際は、たとえ好奇心に駆られたとしても、見ないようにした方が良さそうです。

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2013年8月27日~8月28日
対象:全国の20~39歳までの男女300人

(プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ