ここから本文です

女子には女子同士でしか楽しめない会話があるもの。「近況報告」や「ぶっちゃけ恋愛トーク」など女子限定の会話を思う存分楽しめる「女子会」ですが、場の雰囲気を盛り下げてしまう女子がいるのも事実。女子会で女友達に「イラッ」としてしまう瞬間についてアンケートで聞いてみました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

■人の話を聞かない
「自分の話ばかりして人の話を聞かないこと」(39歳)
「人の話の腰を折る、さえぎる、強引に自分の話をする」(54歳)

友人たちに話したいことがあるのは自分だけじゃありません。聞き上手も目指したいですね。

■他人を批判
「友達の旦那の見た目などをバカにする発言を聞いたとき」(28歳)
「自分の事は棚に上げて、人を名指しで批判する人」(64歳)

何かと他人を批判したがる人ってたまに居ますよね。批判もほどほどに!

■愚痴ばかり
「家族の悪口ばかり言う」(19歳)
「会社の愚痴ばかりの人」(26歳)

愚痴を話してストレス解消するのも良いけれど、愚痴「ばかり」の会話にはウンザリしてしまう人も。何事もバランスが大切です。

■自慢話が多い
「あまりにものろけてばかりいる女」(19歳)
「自分が基準・最先端と思っているような勘違い発言や自慢をしている」(25歳)
「親族・身内の自慢をくどくどと話す」(70歳)

仲間の幸せは一緒に喜びたいものですが、度をすぎると「自慢」と捉えられてしまうこともあるようです。

■人の噂話(うわさばなし)
「共通の知り合いや友人の秘密話をしてくる」(28歳)
「ここだけの話よと言って、噂(うわさ)を広める」(39歳)

人のプライベートな話をやたらとネタにする人には、「私の話もバラされちゃう?」と、なかなか本音を話せなくなりそう。

■共感できない!
「二股していて、どっちの彼と付き合うか悩んでいる友達が発する『つらい』って言葉」(24歳)

これは思わずイラっとしてしまう人も多そう。アンチ二股にとっては全く共感できませんね。

■根ほり葉ほり
「言いたくないことを聞き出そうとする」(35歳)

深刻な悩みなど、仲の良い友人にでも話しづらいことってあります。

■知らない話で盛り上がる
「4人の女子会で、うち2人だけが知っている話題でいつまでも盛り上がっている」(38歳)

せっかくみんなで集まっているのに......。少し悲しい気分になりますね。


「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、どれだけ仲のいい間柄でも、相手を思いやり、相手の立場になろうとする気持ちが大切です。みんなが過ごしやすい女子会にしたいですね。

(桜まゆみ+プレスラボ)

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2013年9月20日~9月21日
対象:全国の15~99歳までの女性150人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ