ここから本文です

サムネイル



ゆるキャラ日本一を決める「ゆるキャラグランプリ2013」の投票締め切りが11月8日に迫っています。今年は、どのキャラクターがグランプリに輝くのでしょうか?

2011年は、くまモン(熊本県)が、2012年は、いまばりゆるきゃら バリィさん(愛媛・今治)が優勝。どちらのキャラクターも、物産展などに限らず雑貨店にもグッズが並ぶなど、今ではご当地キャラの枠を超えた人気となっています。

それでは、今年の有力株と見られているゆるキャラたちを見てみましょう。どのキャラもグッズやメディア露出の多い人気キャラで、誰が1位になってもおかしくありません。

■ちっちゃいおっさん(兵庫・尼崎)

サムネイル

本名は酒田しんいち、45歳。一度見たら忘れられないインパクト大のおっさんキャラ。いつも笑顔でハイテンションの愉快なおっさんですが、お酒が大好きなのが玉にキズ。

ご当地キャラとしては非公認で、公式サイトによると、「『心もちっちゃいおっさん』なので(繊細なので)時々、冷たくされながら自腹で活動する事に心が折れそうになってしまう事もあります」だそう。だから、「キモイ」なんて言わずに優しく応援してあげて~!

■出世大名家康くん(静岡・浜松)

サムネイル

「ゆるキャラグランプリ2013」開始早々、トップを独走状態になったことで話題になった家康くん。徳川家康の出世パワーがちょんまげに宿っていて、触れば出世運が授かれるとか......。働く大人に支持されているのかも!?

1位を逃したら、自慢のまげを落として"出家大名"に改名すると公式サイトで宣言しています。さすが大名、「ゆるキャラグランプリ」も戦と受け止め、並々ならぬ覚悟で臨んでいるようです。

■ふっかちゃん(埼玉・深谷)

サムネイル

ウサギのようなシカのようなネギのようなふっかちゃんは、「ふっか」という生き物の一種。好きな食べ物は、肉類全般。ふっかって肉食動物なんですね!

デザインは公募で決まったもの。最近はデザイナーにデザインを発注されたゆるキャラも多くなっている中、正統派な生い立ちです。

■さのまる(栃木・佐野)

サムネイル

おわんの笠(かさ)から垂れているのは、麺で出来た"前髪"。「ということは頭には麺の髪がふさふさ生えてるってこと?」と考えてしまいますが、笠(かさ)は絶対に外さないそう......。

佐野駅前では、さのまるの家が11月29日までオープン。これまでの活動の写真や、ファンレターの展示、グッズ販売が行われます。日によっては、なんとさのまるが直々にお出迎え。ゆるキャラグランプリに優勝すれば、来場者もグンと増えますね!

■ぐんまちゃん(群馬県)

サムネイル

1994年誕生のベテランゆるキャラ。始めは群馬開催のスポーツ大会のマスコットでしたが、2008年より群馬PRキャラクターに。素朴な愛らしさで人気を伸ばし、なんと写真集を2冊も刊行しています。

9月に発売されたセカンド写真集『ぐんまちゃんの休日 -群馬のいいとこ、まためっけた-』は、多忙なぐんまちゃんの夏休みに密着。水着ショットやお風呂ショットまで公開して、群馬のために一肌も二肌も脱いでいます。

■オカザえもん(愛知・岡崎)

サムネイル

妻に逃げられ、4歳の子どもを育てるバツイチのシングルファザー。身長180cm・体重60kgだそうで、スラッとしているんですね......。

1972年生まれの41歳ながら、Twitterを使いこなし、活発に更新するオカザえもん。「ありがとうでござる!」「○○きたでござる!」と意外と気さくな人柄(?)を見せています。

ほかにも、大人気漫画『進撃の巨人』から抜けだした怪物・巨人くんはエントリーするやいなや、たちまち話題に。また、うながっぱ(岐阜・多治見)といった故・やなせたかし先生がデザインしたキャラクターも票を伸ばすことが予想されます。

ちなみに、くまモンとバリィさんは参加辞退。8月に「ご当地キャラ総選挙2013」で優勝した破天荒ゆるキャラ・ふなっしー(千葉・船橋)も「連覇をかけて優勝者が乗り込むのは、他の地域活性化を阻む」と参加を辞退しています。

2011年、2012年と続き、「ゆるキャラグランプリ」も今年で3回目。すっかり毎年の恒例行事となり、注目度も年々うなぎ登り。投票受付は11月8日までです。今年はどのキャラがシンデレラとなるのか、楽しみですね。

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ