ここから本文です

普段はあんまり意識していなくても、ちょっとした出来事がきっかけで、彼女が欲しくなる男性は多いよう。そこで20代~30代の男性に、どんなときに彼女が欲しくなるか聞いてみました。

サムネイル

■イベントシーズンがやってきたとき
「街のイルミネーションを見たり、クリスマスがらみの話題が増えてきたりすると彼女が欲しくなる」(26歳/PR)

イベントシーズンは独り身にはツラい季節。周りの雰囲気に流され、彼女が欲しいと感じることが多いようです。

■元カノを思いだしたとき
「元カノと行った店の前を通りかかったり、元カノと昔見た映画をテレビで見たりしたときに、懐かしくなってまた彼女が欲しくなった」(28歳/IT)

彼女がいたころの楽しかった思い出がよみがえったときに、彼女が欲しくなるという意見がありました。中には「彼女と別れた瞬間」(32歳/広告)という身もふたもないお答えも......。

■周りに彼女持ちが増えたとき
「一緒にツルんでいた友だちに彼女ができて、一緒に遊んでくれなくなったとき」(25歳/通信)

気づいたら自分だけ独り身だった、なんてこともよくある話。このほか、結婚式に行ったときや同世代の芸能人の熱愛報道を見たときなどの意見もありました。

■仕事がツラいとき
「残業続きで生活が荒れているとき。体がボロボロになってくると心も弱くなるのか、彼女欲しいな~としみじみ思います」(31歳/出版)

仕事がツラいときほど、誰かににいたわってほしい、愚痴を聞いてほしいという思いが湧いてきます。それが彼女だったらどんなにいいか......と妄想せずにいられませんよね。

■孤独を感じたとき
「旅先でおいしいものを食べたり美しい景色を見たりしたとき。あと、休みの日の夕暮れに、しみじみと独り身だなぁと実感したとき」(29歳/IT)

誰かと感想を共有したい場面に会ったときや、ふと感傷的になる瞬間。たわいのない時間だからこそ、彼女との心安らぐ時間が欲しくなってしまうのかもしれません。

男性は、特別なときというよりは、普段の生活の延長の中で彼女の不在を意識することが多いよう。ということは、そんな瞬間にアタックすれば、お目当ての男性を落とすのも可能ということ!? 意中の男性がいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

(板橋不死子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ