ここから本文です

多くの男性にとって、女子の部屋は「いい匂いがする」や「清潔感がある」というイメージがあるもの。しかし、そんな期待を抱きながら女子の部屋に足を踏み入れて、イメージが打ち砕かれてしまった経験がある男性もいるようです。ドン引きした女子の部屋について、社会人男性に聞いてみました。

サムネイル

■洗面所の鏡が汚い
「洗面所の鏡にポツポツと白い石鹸(せっけん)カスのようなものがたくさんついていました。部屋は整頓されていたけど、水回りは掃除していないんだなぁと幻滅しました」(29歳/IT)

水回りはすぐに水あかやカビが生えてしまう場所。きれい好きな女子と思ってもらえるためにはこまめな掃除が必要ですね。

■一面ピンクの部屋
「普段から姫系のファッションが多いと思っていたけど、部屋に入ったらカーテンもカーペットも家具も全部ピンクでびっくり。まるでラブホテルのようでした」(26歳/小売り)

憧れる女子も多い姫部屋。お姫様のようなピンクな空間はウキウキしますが、男性ウケは微妙かも......?

■猫がいた
「猫がいました。自分は猫アレルギーなのでくしゃみが止まらなくて、聞いてないよ......と思った。相手も『聞いてないよ』と思っただろうけど」(24歳/メーカー)

部屋にペットがいると話も弾みそうと思ってしまいますが、猫アレルギーの人にとっては一刻も早く帰りたくなる部屋かも。動物が苦手な人もいるので、ペットを飼っている人は事前にペットがいることを知らせておきましょう。

■カートン買いされてあるタバコ
「清楚(せいそ)っぽいかわいい女の子の部屋にカートン買いされてあるタバコが置いてあって、引きました」(30歳/印刷)

清楚(せいそ)っぽいというイメージを持たれていると、マイナスギャップとして映ることもありそうです。

■男性用カミソリ
「男性用の首振りT字カミソリが置いてあった。『いつ?』『誰が?』『この子が?』といろいろ頭を巡らせてしまいました」(35歳/医療)

男性アイテムが部屋にあると変な誤解が生まれてしまうことも。元彼のカミソリなら、潔く捨ててしまうか目に付かない場所へ移動した方が良さそうです。

意外と男性は女子の部屋を隅々までチェックしているようです。男性がドン引くお部屋ブスにならないよう、日ごろから気をつけておきたいですね。

(姫野ケイ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ