ここから本文です

長年付き合っている恋人の前では、誰しも特別な素顔を見せるもの。特に男性は、彼女の前でガラッと違う言動を見せる人もいるようで......。ということで、20~30代の男性150人に「彼女だけに見せる恥ずかしい素顔」をアンケートしました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

■とにかく甘える
「相手のことは気にせず、一方的に甘える。ソファに座っているときや寝ているときは、ずっと彼女に抱きついている」(38歳)

交際前はクールだったけど、付き合うと急に甘えん坊になる男性。かわいいと思ってもらえるか、イメージと違ったとガッカリされるかが分かれそうです。

■自分の弱さをさらけ出す
「仕事などで精神的にダメージを受けたときに、彼女には弱っているところを見せる。かまってほしくて駄々をこねる子どものようになる」(39歳)

普段なかなか弱さを見せられない男性だからこそ、彼女の前ではその反動が出てしまうのでしょうか。

■2人だけの呼び名
「2人のときは、お互いを恥ずかしい呼び名で呼び合う。たまに間違えて外で呼んでしまい焦る」(29歳)

恥ずかしい呼び名が何なのか、非常に気になるところ。とっさに名前を呼ぶときは、うっかりその呼び名を出さないよう気をつけないといけませんね。

■にゃんにゃん言葉
「外では亭主関白風だけど、うちではにゃんにゃん言葉」(35歳)

やはり出てきました、にゃんにゃん言葉。なぜ人は甘えるとにゃんにゃんと言うのでしょうか。

■寝る前に......
「ひざ枕をしてもらうのが好き。毎晩寝る前に必ずしてもらう」(27歳)

なかには引いてしまう女性もいるかもしれませんが、筆者(男性)はこの気持ち分かります。何となく落ち着きますよね。

■子どもに返る
「下着や靴下などをその場に脱ぎ捨てる。妻が全部片付けてくれるので」(28歳)

まさに子ども。確かにこんな姿は誰にも見せられません。片付けてくれる奥さまに感謝です。

■涙を流す
「妻の前だけでは素直に泣ける。ドラマや映画を一緒に見て号泣する」(39歳)

感情を抑えず涙を流せるのはいいことですよね。あまりに号泣していると、ちょっと笑ってしまいそうですが......。


男性にとって特別な一面を見せられる彼女は「かけがえのない存在」になっていくもの。女性の中には、にゃんにゃん言葉で甘える彼氏の姿は見たくないという人もいるかもしれませんが、2人の絆が深まっているとプラスに捉えて、ぜひ許してあげてください!

(有井太郎+プレスラボ)

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2013年10月15日~10月16日
対象:全国の20~30代までの男性有職者150人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ