ここから本文です

自分と違う環境を生きる人をうらやましく思う瞬間って、多かれ少なかれ誰にでもあるもの。既婚女性が、独身の女性をうらやましく思うのはどんなとき? 既婚女性の本音を聞いてみました。

サムネイル

■飲み会に行ったとき
「週末に独身の友人と飲み会を開くと、2次会、3次会と時間を気にせずにみんなわいわいワイワイしているのでうらやましいです。私は旦那さんが家で待っているので早めに帰るし、酔いすぎないようにお酒も控えているので」(25歳/医療)

お酒の飲み方も、独身と既婚では少々違うもの?

■高い服を着ているのを見たとき
「独身の友人が、ブランドの洋服などを着ているのを見ると『いいなぁ』と思います。子どもがいて節約生活だと、独身時代のように自由にお金を使えないので」(31歳/商社)

美容やファッションにお金をかけられる余裕は、女性の心の余裕につながることもありますもんね。

■自由気ままなSNSの投稿を見たとき
「女友達と旅行に行っていたり、しょっちゅう外食をしていたり、深夜まで遊んでいたりするSNSの投稿を見たとき。独身の友人のそんな投稿を見ると、たまーに『独身生活に戻りたいなぁ』と思うことがあります」(34歳/主婦)

独身女性らが何の気なしにアップしている写真や投稿も、既婚女子からすると多少のねたみの対象になることもありそう?

■真っ白な未来
「独身の友人の恋愛相談を聞いていると、『結婚相手をこれから決めるって、未来が真っ白でいいじゃない』と思ってしまいます。旦那とけんかしているときなんかは特に。嫌みに聞こえるといけないから、悩んでいる本人には言わないようにしているのですが」(29歳/小売り)

独身女性からすると、真っ白な未来はきっと、「不安」と「希望」が入り混じったもの。言わない方が賢明かもしれません。

■恋愛の新鮮さ
「もともと恋愛体質の私。新しい恋愛をしていたときはドキドキで、毎日が楽しかったです。もうあの感覚を味わえないのかと思うと、独身の友人がうらやましく思えることがある」(27歳/保険)

結婚生活では、穏やかで幸せな毎日を送っていても、お付き合い当初のようなドキドキ感は薄れていきますもんね。

■キャリアを作れる
「主人の実家の家業を継ぐことにしたので、結婚をきっかけにこれまでの仕事を辞め、家業の手伝いをすることに。同期だった独身のキャリア組とも連絡をとっているので、たまに『自分が結婚していなかったら今は一緒にこんな仕事をしていたんだろうな』と想像してしまうことがあります」(32歳/製造)

やりたい仕事に就いていた方は、結婚後にフラストレーションがたまることもありそうです。


「結婚は女の幸せ」。一昔前の価値観ならそう言い切れたのかもしれませんが、女性の幸せも多様化した現代ではそうもいかないのかもしれません。しかし、既婚者には既婚者にしか味わえない幸せもあるはず。日々の幸せを再確認できるような毎日を過ごしたいですね。

(桜まゆみ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ