ここから本文です

11月22日は「いい夫婦の日」。新たに誕生する夫婦、長く連れ添った夫婦......それぞれが良い関係で過ごすにはどうすればいいのでしょうか。そこで、さまざまな夫婦に「いい夫婦」でいる秘訣(ひけつ)を聞きました。

サムネイル

■新婚カップル、子どもなし夫婦の場合

まずは結婚して数年のカップルの意見から。

「一緒にいる時間を増やすこと。自分は自宅でできる仕事なので、思い切って独立して自宅勤務しています。妻と一緒にいられる時間が増えて、仕事も快適にできて一石二鳥です」(結婚1年目/自営業・男性)

こんな意見がある一方で、スタートからドライな方も。

「あんまり束縛しないこと。夫は仕事の付き合いで遅くまで飲みにいって、終電を逃してしまうことも。だけどあんまりガミガミ言わずに、携帯で連絡を取って場所を把握できたら、ビジネスホテルとかに泊まってもらっています」(結婚3年目/主婦・女性)

いずれにしても、初めて一緒に生活することになる新婚の時期は、お互いの過ごしやすいカタチを見つけるのが大事かもしれません。

■結婚して5年以上、子どもアリ夫婦の意見

結婚して時間がたつと、子どもを育てている夫婦も多くなります。子どもが夫婦の関係にも変化をもたらすこともあるようです。

「妻にも子どもにもギブ&テイクを心がけること。自分から積極的に家事やマッサージをしてあげるなど、まずはギブするようにしています。そうすれば、感謝の気持ちを、後々どこかで返してくれるものだから。自分の経験では、子どもに対して優しくしてあげると、さらに奥さんからのうれしい恩恵にあずかれます。子どもをダシに妻からモテる、これは良いですよ(笑)。もちろん、子どもを愛しているのが前提です!」(結婚7年目/会社員・男性)

「夫と、子どもを介した共通の趣味を一緒にすること。夫は写真が好きで、私はファッションが趣味。私が子どもの服をコーディネートして、夫が子どもの写真を撮って楽しんでいます」(結婚12年目/主婦・女性)

家族としてどう楽しく過ごすかを考えることが、夫婦円満のコツと言えそうです。

■結婚20年程度を過ぎた、ベテラン夫婦の極意

一方、長年連れ添うカップルのご意見も集めてみました。

「結婚25年を過ぎましたが、手をつないで散歩するようにしています。子どもも独立したし、最近はまた2人で過ごす時間が増えてきたから、コミュニケーションを大事にしたいです」(結婚26年目/会社員・男性)

「子どもが結婚し、夫と二人で過ごす時間が増えたので、より相手のことを思いやろう、と心がけるようになりました。若いころは『自分がこうしたい』という部分がどうしても多くなってしまったけれど、二人だけで過ごすと夫のしたいことや考えがよく見えるようになった。そういうとき、やりたいようにやらせてあげられる余裕が今はあります」(結婚35年目/主婦・女性)

長く一緒にいるからこそ、相手をしっかり見て、基本的なことを大事にする姿勢が大切なのかもしれません。

夫婦は他人同士が一緒になることでもあります。だからこそ相手を良く理解し、2人ならではのいい夫婦でいる秘訣を見つけたいですね。

(たけむらわかば+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ