ここから本文です

意外とよく聞く「実は不倫をしていて......」という女性の話。「浮気癖は治らない」なんて言葉もありますが、浮気や不倫に走る男性にはどのような特徴があるのでしょうか。不倫経験のある女性の方に、不倫しやすい男性の共通点を聞きました。

サムネイル

■家族のことが大好きで、大事にしている
「休日の度に、Facebookで奥さんや子どもの写真を頻繁にアップしている。『忙しい毎日だけれど、支えてくれる家族に感謝』などと平気で書く。それは不倫がバレないようにというより、家族は家族、不倫相手は不倫相手と扱いを完全に分けている」(25歳/会社員)

複数の方からも同じ意見が挙がりました。意外ではありますが、どうやら不倫をする男性は家族のことが好きという場合が多いようです。

■さみしがり屋
「仕事で孤独を感じていたり、家族とコミュニケーションを取る機会が少なかったり、日々さみしい気持ちをため込みやすい男性。自分が付き合っていたのは、いろいろな人と関わる仕事をしている人。多くの人と関わるからこそ、逆にふと孤独を感じるらしく、それをうまく発散する相手が欲しかったようです。だから二人で会うと、普段はしっかりしているのにすごく甘えてくる」(21歳/フリーター)

さみしさを埋めたくて、不倫に走る......。果たして、それでさみしさは埋まるのでしょうか。

■面倒見がよく、マメ
「私の体調を気にかけてくれたり、何気ないことでメールをしてきてくれたりするマメな人。会ったときも、さり気ない気遣いが多くて優しい」(29歳/会社員)

これは本気の不倫の場合も、火遊びの場合も共通なようです。後者は目的達成までの一時的な話のようですが......。

■野心のある人
「常に野心をもっている人。基本的に不倫する人は欲張り。お金を稼ぎたいという欲を持っていたり、家族や子どもから信頼される父親でいたがったり、その上不倫して若い女性から愛されたがったりする。何か自分に足りないと感じる部分がある人に多いと思う」(26歳/フリーター)

常に満たされていたいと思っている一方で、満たされた瞬間の自分に酔っている場合もあるようですね。ナルシストタイプと言えそうです。

■お酒が好きか、ほとんど飲まないか極端
「恋愛のように不倫をしたい人はお酒好き、火遊び程度の不倫をしたい人はほとんど飲まない。後者は体の関係しか頭にない場合が多いため、その場面のことを考えてあまり飲みたがらない気がする」(30歳/会社員)

単なるお酒好きや、お酒を一滴も受け付けない体質の人もいますが、下心がありそうに見えたら確実に危険です。注意深くチェックしましょう。

不倫は"恋愛感覚・火遊び感覚"という2パターンに分けられることが判明しました。あなたは意外に思いましたか? それとも、思い当たるふしがありましたか?

(鈴木梢+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ