ここから本文です

年を重ねると、若いころに比べさまざまな体の部位に衰えを感じる人も多いよう。そこで今回は30代の女子たちに「私も年をとったなぁ」と思う、体の部位を聞いてみました。

サムネイル

■おなかまわりの肉
「昔は運動したら痩せたのに、今はなかなか痩せない。特におなかまわりが落ちない上、若いころと同じものを食べていても太る」(33歳/出版)

年を重ねると代謝も落ちていき、痩せるのも難しいよう。若かりし頃の引き締まった体に戻るのは困難なのでしょうか。

■笑ったときのシワ

「笑った顔を鏡で見て唖然。目じりに見慣れないしわができていた」(30歳/情報技術(IT))

ふと見つけたときのシワほどショックなことはありません。

■寝ても消えないクマ
「いくら寝てもクマが消えない! 若いときは、オールで遊んでもクマなんてできなかったのに」(31歳/広告)

クマがあると顔の印象が暗くなり、一気に老けたように見えてしまいます。スキンケアや化粧でカバーするといいかもしれません。

■遅れてやってくる筋肉痛
「翌日にきていた筋肉痛が、いまとなっては3日後とかに......」(34歳/広告)

忘れたころにやってくる筋肉痛。日ごろから運動を心がけるといいかもしれませんね。

■シミの出現
「シミができたときはショックでした。それと同時に、肌の張りもなくなってきた気がします」(36歳/医療)

10代のころはピンッと張っていた肌も、人によっては20代後半くらいから衰えを感じ始めるもの。きめ細かい肌を持続するのは至難の業なのでしょうか。

■胸が垂れた
「子育てしてから、バストが下がったような気が......」(38歳/主婦)

女性にとっては何かと気になるバスト問題。最近は胸の位置をあげてくれる補正下着も多く発売されているので、利用してみる価値はありそうです。


いつまでも若くキレイでいたいという思いを抱く女性は多いもの。しかし、体の衰えはそう簡単には避けられないようです。年を重ねることを受け入れて、深みや味わいをプラスして美しくなっていけたらいいですね。

(船橋麻貴+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ