ここから本文です

昔の恋人とヨリを戻すとき。別れた際の理由によっては、「うまくいくか不安」「どうせ同じ理由でまた別れることになるのでは......」と不安になる人もいるのではないでしょうか。そこで、元彼と復縁した女性たちに「ヨリを戻す際に決めたこと」を調査。「浮気」「遠距離」など、別れた理由別に聞いてみました。

サムネイル

■浮気が理由で別れた場合
「浮気をされたから別れたが、彼がもう浮気は絶対にしないと言うので『もしまた浮気をしたら縁を切る』と言ってヨリを戻した」(24歳/学生)

今回の調査結果の中には「相手の携帯を管理下に置いて、"少しでも気になるときはいつでも見ても良い"という約束でヨリを戻した」(26歳/会社員)という女性も。男性も男性で、そこまでして戻りたいと思うほど好きなら、最初から浮気しなきゃいいような気も......。

■だらしなさが原因で別れた場合
「就職せず、実家に寄生していた彼に復縁を迫られたとき。『就職すること』『家を出て一人暮らしをすること』『待ち合わせに遅刻しないこと』という約束をして、復縁しました。結果的に彼を更正できたのでラッキーだったかも」(26歳/会社員)

すごく好きな彼に「ここだけはどうしても治してほしい」という性格があったとき。一度別れてみるのも手かもしれません。もちろん、復縁できるかどうかは人それぞれですが。

■一方的に別れを切り出された場合
「理由も言わず、一方的に別れを切り出してきた元彼に『ヨリを戻したい』と言われた。別れようと思った理由を聞いたら『束縛が厳しかった』と言われ、私も改めようと思ったのでヨリを戻した。ただ、そのときに『(結婚したがっていた私と)まだ結婚できないと思ったから』とも言われ、復縁してもなんだか結婚を牽制(けんせい)された気分......」(28歳/会社員)

フラれた理由が分からないままヨリを戻すと、自分の何がいけなかったのか思い悩んでしまいそう。ただ相手の気持ちを知りすぎると今度は主張ができず、がんじがらめになってしまう可能性もありそうです。

■遠距離恋愛が理由で別れた場合
「遠距離恋愛になってしまったとき、ただでさえほとんど会えないのに連絡もろくに取らなくなって別れてしまった。その後、彼が『月一で会う』『連絡はマメにする』と約束し、実行してくれるようになったのでヨリを戻しました」(25歳/会社員)

遠距離恋愛は互いに寂しい思いをしてしまいがち。次に会う約束をしたり、電話やチャットをしたりするなどして寂しさを感じないようにすることが大切かもしれません。

■結婚が原因で別れたとき
「結婚したかった私に対して、結婚に消極的だった彼。『結婚しないなら別れる』と何度も話し合いになり結局別れたのですが、2カ月後に結婚を前提にヨリを戻したいと言われた。結婚するしないの話をまたするのが嫌だったので、『今年中にプロポーズすること』と期日を決めてヨリを戻しました」(29歳/会社員)

苦難を乗り越え、ついに結婚へ。彼はちゃんとプロポーズできたのでしょうか。


すごく好きだった元彼とヨリを戻すとき。うれしく思う一方で、少しだけ不安が残る......という人が大半だと思います。復縁する際は、そんな不安を出来る限りぬぐい去ることがお付き合いを長続きさせる秘訣(ひけつ)かもしれませんね。

(鈴木梢+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ